アイブロウ ・眉毛

アイブロウブラシおすすめ16選!プチプラ?スクリュー?まとめて紹介!

眉メイクは、顔の第一印象を左右する大事なポイントです。キレイに仕上げたいですよね!

今回は、アイブロウブラシの種類と選び方、肌らぶ編集部おすすめのアイブロウブラシ、使い方のポイント、お手入れ方法などをまとめてご紹介します。

「使いやすいアイブロウブラシが欲しいな…」 「そろそろアイブロウブラシを買い替えようかな…」 「どんなアイブロウブラシがあるのかな?」「どうやって選べばいいの?」

など、アイブロウブラシについて気になっている方必見です!

アイブロウパウダーとアイブロウブラシを使って眉を描けば、初心者でも自然に仕上げやすいのでぜひチェックしてくださいね。 上級者なら色をミックスして立体感を演出したりなど、メイクの幅もぐっと広がります。

ぜひ、お気に入りのアイブロウブラシを見つけてくださいね!

1. アイブロウブラシの種類と選び方

アイブロウブラシを購入する前に、知っておきたいいくつかのポイントをご紹介します。

アイブロウブラシにも種類があります。 また、自分にあった使いやすいアイブロウブラシを選ぶためには、チェックしたいポイントもあるんです!

購入前に読んでみてくださいね。

①アイブロウブラシの種類

アイブロウブラシは、大きく分けて3種類あります。

・毛先が斜めにカットされたアイブロウブラシ ・スクリューになっているアイブロウブラシ ・コーム付になっているアイブロウブラシ

一般的には、毛先が斜めにカットされた小さなブラシのことを指して、アイブロウブラシと呼ぶ場合がほとんどのようですが、スクリュータイプのブラシや、コーム付タイプのブラシもあるのです。

アイブロウパウダーを使って眉を描く際には、形をキレイに描いて、整えるのに使うのは毛先が斜めカットの基本のブラシが役に立ちます。

スクリュータイプやコーム付タイプのブラシは、眉の毛流れを整えたり、線をぼかしたりするのに使います。 (コーム部分は毛流れを整えたり、眉カットをして眉の形を整える時などに役立ちます。)

②アイブロウブラシの選び方

アイブロウパウダーで眉を描きたい方は、斜めカットのアイブロウブラシをまずは用意しましょう。

アイブロウパウダーであれ、ペンシルであれ、描いた眉の輪郭や色をぼかしたり、毛流れを整えたりしたい方は、スクリュータイプのアイブロウブラシがあるとよいでしょう。

描いた眉を少しぼかしたり、眉カットにも役立つものが欲しい方は、コーム付のアイブロウブラシがあるとよいですね。

基本の斜めカットのアイブロウブラシには、さらに2つのタイプがあります。

ブラシの幅が広く毛量の多い大きめタイプと、ブラシの幅が狭く小さなほっそりタイプです。 ブラシの幅が広いタイプは、眉がしらなどを主に書き足したい時などにおすすめです。 ブラシの幅が狭いタイプは、細めの線を描きやすいので、眉尻をキレイに仕上げるのにおすすめです。

2. アイブロウブラシ肌らぶ編集部おすすめ16選

肌らぶ編集部がおすすめしたいアイブロウブラシを、手に取りやすい価格帯のものから順に、ずらり17選ご紹介します!

基本の斜めカットのアイブロウブラシを価格帯別に11選、番外編として、眉コームや眉用スクリューブラシもご紹介しますのでぜひ参考にしてくださいね。

◆アイブロウブラシ【1,000円以下 プチプラ編】 ◆アイブロウブラシ【1,000~2,000円】 ◆アイブロウブラシ【2,000円以上】 ◆アイブロウブラシ番外編 眉用スクリューブラシ ◆アイブロウブラシ番外編 眉コーム付ブラシ

肌らぶ編集部おすすめアイブロウブラシ ◆アイブロウブラシ【1,000円以下 プチプラ編】

肌らぶ編集部がおすすめしたいアイブロウブラシの中から、1,000円(税抜)以下のプチプラで購入可能、かつ、ネットショップや公式オンラインショップで購入可能なアイブロウブラシを3選セレクトしました。

初めてアイブロウブラシを使うという方や、携帯用が欲しいという方、ぜひ参考にしてください。

■ロージーローザ 熊野筆 眉用

価格:600円(税抜)

やわらかめの天然毛「馬毛」を使用し、広島県熊野でつくられたアイブロウブラシ。斜めカットの平筆です。手に取りやすい価格やドラッグストアなどで購入しやすいのがポイント。

■志々田清心堂  スライドアイブロウブラシ (CAPタイプ)

価格:600円(税抜)

キャップ付きでポーチに入れて携帯できるのが魅力のアイブロウブラシ。肌触りのよいナイロン毛を使っています。白い毛先なのでパウダーの色が目で見え、お手入れしやすいです。

■コージー アイブロウブラシ

価格:400円(税抜)

目元まわりのアイテムを多数販売するコージー本舗のアイブロウブラシ。やわらかめで、なめらかな使い心地です。手に取りやすい価格なので、何本か持っておきたいという方にもおすすめ。

肌らぶ編集部おすすめアイブロウブラシ ◆アイブロウブラシ【1,000~2,000円(税抜)】

肌らぶ編集部がおすすめしたいアイブロウブラシの中から、1,000~2,000円(税抜)の価格帯のもので、ネットショップや公式オンラインショップで購入可能なアイブロウブラシを3選セレクトしました。

実用とファッション性、どちらも満たしてくれそうなアイテムで、ぜひ眉メイクを楽しんでください!

■ ワトゥサ&サッシュ   アイブロウブラシ

価格:1,800円(税抜)

「大人になっても忘れることのないチャーミングな気持ち」を大切にするブランドワトゥサのアイブロウブラシ。赤色のキュートなデザインと、コシのある毛質の描きやすさが魅力。

■資生堂 ザ・メーキャップ アイブロー&アイライナーブラシ

価格:1,500円(税抜)

コシのある毛の使い心地と同時に、グリップの持ちやすさも見逃せない、資生堂ザ・メーキャップのアイブロウブラシ。眉尻のラインも細く描きやすく、アイライナーとしても使えます。

■ザ・ボディショップ スランテッドブラシ

価格:1,200円(税抜)

アイブロウにもアイライナーにも使えるアイブロウブラシ。幅広タイプですが、繊細な眉のラインも描きやすいのが魅力。個性的でスタイリッシュなデザインも見逃せません。

肌らぶ編集部おすすめアイブロウブラシ ◆アイブロウブラシ【2,000円(税抜)以上】

肌らぶ編集部がおすすめしたいアイブロウブラシの中から、2000円(税抜)以上の価格帯のもので、ネットショップや公式オンラインショップで購入可能なアイブロウブラシを5選セレクトしました。 洗練されたデザインのものも多いので、ぜひ見た目も楽しみながら選んでくださいね。

■MAC #208 アングル ブロウ ブラシ

価格:3,700円(税抜)

プロフェッショナルを想像させるムダのないスリムなデザインが、メイクする気持ちも上げてくれそうなMACのアイブロウブラシ。パウダーやクリームタイプのアイブロウに使えます。

■アディクション アイブロウ ブラシ

価格:3,500円(税抜)

ネットの口コミでも見かけることの多い、アディクションのアイブロウブラシ。弾力のある毛質の幅広ブラシで、シャープなラインを描くのにも、ふんわりぼかすのにも使えます。

■白鳳堂 アイブロウブラシ G524アイブロウ斜め

価格:3,500円(税抜)

広島県熊野町に本社を持つ白鳳堂のアイブロウブラシ。毛の長さが約10mmとたっぷりめなのが魅力。ナチュラルな眉に仕上げたい時や、眉山から眉頭をぼかしたい時におすすめ。

■アルティザン&アーティスト 熊野筆 アイブロウブラシ 7WM-PF09

価格:3,300円(税抜)

コシがあって毛先は細いアイブロウブラシ。眉の毛と毛の間に入り込み、地肌にパウダーをのせやすいのが魅力です。ユニークな持ち手のデザインで、グリップがよいのもポイント。

■RMK  アイブロウブラシ

価格:2,200円(税抜)

ニューヨークのメイクアップアーティストがディレクションするブランドRMKのアイブロウブラシ。ムダのないデザインとウォーターバジャー毛のしっかりした毛質の使い心地が魅力。

肌らぶ編集部おすすめアイブロウブラシ ◆アイブロウブラシ番外編 眉用スクリューブラシ

肌らぶ編集部がおすすめしたいスクリュータイプのアイブロウブラシの中から、今回は、公式オンラインショップで購入可能なアイブロウブラシを3選セレクトしました。

デパコスブランドのアイブロウブラシの、スタイリッシュなデザインもぜひチェックしてくださいね。

■ボビイ ブラウン  アイブロー ディファイナー/アイグルーマー デュアルブラシ

価格:4,300円(税抜)

個性を大切にするNY発のブランド、ボビイブラウンのブラシ。斜めカットのブラシとスクリューブラシが1本になっています。これ1本で、ライン描きもぼかしも簡単に行えるのが魅力。

■アディクション アイブロウ ブラシ スクリュー

価格:1,400円(税抜)

適度な毛の硬さと密度、大きめのサイズで、眉全体の毛流れを整えるのにも、細かい部分にも使いやすいアディクションのスクリューブラシ。 肌あたりのよさも魅力です。

■シュウウエムラ シンセティック マスカラー コーン

価格:700円(税抜)

モード系のメイクアップを数多く発表するシュウウエムラらしい、ユニークなデザインが印象的なスクリュータイプのアイブロウブラシ。ブラシ部分は25mmの長さで、コシのある毛質です。

肌らぶ編集部おすすめアイブロウブラシ ◆アイブロウブラシ番外編 眉コーム付ブラシ

眉コームと一体型になっているアイブロウブラシのおすすめをご紹介します。

今回は肌らぶ編集部がおすすめしたい眉コーム付ブラシの中から、公式オンラインショップで購入可能なものをセレクトしました。

眉カットをする際にも役立つ眉コームは、1本持っておくと意外と便利。 どれもリーズナブルな価格なので、ぜひチェックしてくださいね。

■よーじや 化粧筆白柄 ブラシ&コーム

価格:1,200円(税抜)

あぶらとり紙で有名な京都のよーじやから販売されているアイブロウブラシ。ブラシには馬毛を使用。舞妓さんのおしろいを想像させる白い柄のデザインも、よーじやらしい魅力。

■シュウウエムラ シンセティック アイブロー ブラシ

価格:600円(税抜)

統一感のあるブラックのボディが、シャープで魅力的なシュウウエムラの眉コーム付アイブロウブラシ。 使い心地はもちろんですが、手に取りやすい価格も魅力です。

3. アイブロウブラシの使い方

斜めカットのアイブロウブラシの使い方のポイントを3つご紹介します。

アイブロウブラシを使って、アイブロウパウダーを上手に重ね、キレイな眉に仕上げましょう。

アイブロウブラシ使い方ポイント① 「少しずつ」

アイブロウブラシを使う際は、ブラシを細かく動かして、アイブロウパウダーを少しずつ眉にのせていきましょう。 一気にのせるのではなく、少しずつのせることでキレイなグラデーションを作りやすくなります。

アイブロウブラシ使い方ポイント② 「描くのは眉山から」

描く順番は、【眉山(眉の1番高いところ)⇒眉尻⇒眉頭】の順番に描いていくのがおすすめです。

アイブロウブラシ使い方ポイント③ 「眉頭は内側から」

眉頭は、ブラシに残ったパウダーで、2mm程度内側から眉頭に向かってぼかすように色をのせると自然に仕上がります。 最後に、薄い部分があれば、少しずつ色を足しましょう。

⇒眉の描き方をもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 【女らしさは眉毛で演出!綺麗な「美人眉毛」の書き方&整え方】

4. アイブロウブラシのお手入れ

アイブロウブラシは、使った後、毎回ティッシュで軽くふくようにしましょう。 ブラシにパウダーの色が不要にこびりつかないように、毎回、こまめにお手入れしておくことが大事です。

そして、月に1度程度でよいので、定期的に洗うとよりよいですね。

洗う際は、メイクブラシ用のクリーナーを使ってもよいですし、薄めた中性洗剤や石鹸などで洗っても構いません。 いずれの場合も、毛先を傷めないようにやさしく扱い、最後にぬるま湯でよくすすぎましょう。

ブラシを傷めないように、ブラシの柄や金具の部分をぬらさないように気をつけてください。 干す際は、日陰で自然乾燥させましょう。

⇒メイクブラシクリーナーや洗い方についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。 【メイクブラシクリーナーおすすめ9選!使い方・洗い方のポイントも確認!】

ずっと使っていると、ブラシの毛に余分なパウダーやメイク汚れや皮脂汚れなどがこびりついてしまい、せっかくお気に入りのアイブロウパウダーをのせても、思うようにキレイに発色しなくなったりします。 キレイな眉メイクを仕上げるために、面倒がらずにこまめにお手入れしましょう。

5. まとめ

アイブロウブラシの種類と選び方、肌らぶ編集部おすすめのアイブロウブラシ、使い方のポイント、お手入れ方法などをまとめてご紹介しました。

キレイな眉を仕上げるのに、アイブロウブラシはとても役立ちます!

愛用の1本を見つけたら、ぜひ、グラデーションも意識して、眉メイクのバリエーションを増やしてくださいね。

さまざまなニュアンスを演出して、毎日のメイクを楽しみましょう!

メイクアップツール関連記事

メイクブラシの洗い方!面倒くさがり屋におすすめの洗い方を検証!

メイクブラシクリーナーおすすめ9選!使い方・洗い方のポイントも確認!

メイクスポンジおすすめ11選!メイクのりが違う?!スポンジの使い方&洗い方!

リップブラシの選び方&おすすめ13選+美しく仕上げる使い方

【保存版】おすすめチークブラシ特集!メイクに合わせた選び方もご紹介

眉毛カッター(シェーバー)のおすすめ10選!メンズ用も女性用も

眉毛カッター(シェーバー)のおすすめ10選!メンズ用も女性用も!

「眉毛の形を整えたいけれど、眉ハサミやトゥイザー(毛抜き)は面倒」という方には、断然おすすめの電動の眉毛カッター/眉毛シェーバー。

せっかく買うなら、使いやすくて、お手入れも楽なものがよいですよね。

今回は、眉毛カッター/眉毛シェーバーの買い方・選び方のポイントや、肌らぶ編集部おすすめの眉毛カッター/眉毛シェーバーをご紹介します。

あわせて、眉毛のお手入れをはじめて行うメンズに向けて、眉毛カッター/眉毛シェーバーを使った眉毛の整え方のポイントについてもご紹介します。 眉毛カッター/眉毛シェーバーを使って、簡単手軽にすっきり眉毛を手に入れましょう!

1. 眉毛カッター/眉毛シェーバーの買い方・選び方

電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーはどこで買えばいいんだろう?と疑問をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか?

電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーの買い方・選び方についてご紹介します。

電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーの買い方「どこで買う?」

電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーは、街の家電量販店やネットの通販サイト、メーカーのオンラインショップなどで購入することができます。 種類は少ないですが、ドラッグストアなどで取り扱われている製品もあります。

家電量販店の中では、基本的にヘアドライヤーなどのある美容家電コーナーに置いてあることが多いです。

電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーの選び方

眉毛の形を整えるためだけに、電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーを購入する場合は、刃幅が短めのものが細かい部分の処理がしやすいのでおすすめです。

顔の産毛など広めの面積をあわせて処理したい方は、刃幅が長いもの、または刃幅が長いアタッチメントがついているタイプを選ぶとよいでしょう。

眉毛のお手入れをする際は、輪郭を上手に整えるだけでなく、眉の長さを整えることもキレイに仕上げる重要なポイントです。 できれば、長さを整えながらカットできる「眉毛用のコーム」が付属しているものを選びましょう。

2. 眉毛カッター/眉毛シェーバー【肌らぶ編集部おすすめ10選】

肌らぶ編集部がおすすめしたい電動の眉毛カッター/眉毛シェーバー全10選を、メンズ向けに販売されているものと女性向けに販売されているものに分けてご紹介します!

もちろん男性が女性用の眉毛カッター/眉毛シェーバーを使用しても問題はありません。 一応デザインの傾向やオプションの機能などが異なることもありますので、今回は分けてご紹介します。

男性はぜひ、メンズ用だけでなく女性用も、両方チェックしてみてくださいね。

◆メンズ向けに販売されているおすすめの眉毛カッター/眉毛シェーバー

肌らぶ編集部がメンズにおすすめしたい電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーをご紹介します。

ここではメンズ向けに販売されている眉毛カッター/眉毛シェーバーの中から、乾電池式(単3または単4乾電池1本使用)のタイプで、眉コームがついている”簡単お手入れ”をサポートしてくれる眉毛カッター/眉毛シェーバーをセレクトしました。

■パナソニック マユシェーバーキット

付属品:マユコーム2種類、掃除ブラシ

パナソニックのメンズグルーミングラインの眉毛シェーバー。ボディの色がはっきりしている男性的なデザインです。 刃幅が短めなので、眉の形を整えるための細かな処理がしやすくなっています。 眉の長さを整えるためのマユコームも2種類ついています。

■小泉成器 フェイス&マユシェーバー

付属品:マユコーム2種類

フェイス用と眉用の2種類の刃を使い分けられるシェーバー。眉用の短い刃幅のものを使えば、眉の細かな形づくりもしやすくなります。 マユコームは、5mmと8mmの2種類で、ほんの少し長めの眉に整えやすいサイズです。 アタッチメントは取り外して水洗いが可能で、清潔にこだわりたい方におすすめ。

■ロゼンスター メンズフェイスシェーバー FM-051

付属品:マユコーム2種類、掃除ブラシ

電動シェーバーやヒゲトリマーなど理美容関連製品を多数展開している「ロゼンスター」のフェイスシェーバー。 顔の産毛剃りに使いやすい25mm刃と、眉の形を整えるのに便利な5mm刃の2種類使えます。マユコームは2種類あるので、好みに合わせて使い分けられます。

■フィリップス 鼻毛/耳毛/眉毛トリマー

付属品:眉毛コーム2種類

髭剃りで知られているフィリップスの、眉毛のお手入れに使える顔用トリマー。安定して持ちやすいラバーグリップです。 3mm と 5mm の眉毛コームがついています。眉毛のシェービングだけでなく、鼻毛・耳毛のお手入れもできます。アタッチメントは水洗いが可能なのも魅力です。

◆女性向けに販売されているおすすめの眉毛カッター/眉毛シェーバー

肌らぶ編集部が女性におすすめしたい電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーをご紹介します。

ここでは女性向けに販売されている電動の眉毛カッター/眉毛シェーバーの中から、乾電池式(単4乾電池1本使用)でコンパクトなペンシルタイプで、眉コームがついている眉毛カッター/眉毛シェーバーをセレクトしました。

女性向けに販売されていますが、男性にももちろん使えます。ぜひチェックしてくださいね!

■パナソニック フェリエ フェイス用

付属品:掃除用ブラシ, マユカバー, マユコーム

刃先に丸みがあり、肌あたりのよいパナソニックのフェイスシェーバー。ヘッド部分がスイングするので、凹凸のある顔表面の産毛も処理しやすいです。マユコームを使えば、仕上げの眉の長さを楽に整えられます。シェービングローションなどは不要なので、メイクの上からでも、気づいた時にささっと処理できるのも、うれしいポイント!

■ロゼンスター 水洗いフェイスシェーバー FW-554

付属品:マユコーム2種類、掃除ブラシ

フェイス用の25mm刃と眉毛用の5mm刃の、2種類の刃がついているロゼンスターのフェイスシェーバー。小さ目サイズの刃があるので、マユカバーが無くても細かな処理がしやすいです。マユコームも2種類ついているので、長めに整えたい方にもおすすめ。使い終わったら水洗いできて清潔に使えるのも、うれしいポイントです。

■日立 フェイスシェーバー BM-530

付属品:まゆコーム、掃除用ブラシ

コンパクトなデザインが魅力の、日立のまゆ毛・うぶ毛兼用のフェイスシェーバー。付属のまゆコームを使って、2種類の長さに整えられます。 刃幅が15mmなので、産毛などの処理をささっと進めたい方におすすめです。 シンプルなペンシルタイプなので、ポーチに収納してもかさばらないのも魅力。

■貝印 クシ付きマユトリマー(女性用)

付属品:マユコーム、掃除ブラシ

ムダ毛処理用の簡易カミソリなどで知っている女性も多い「貝印」ブランドの眉毛カッター。5mm刃と25mm刃の2種類の刃を使い分けることで、眉毛だけでなく、顔周りの産毛も楽に処理できます。眉を描き足して整える方におすすめの、2mmか4mmの長さに調整できる標準的なマユコームもついています。

■フィリップス  レディスシェーバーサテンコンパクト

付属品:アイブローコーム、ピンセット、クリーニングブラシ

髭剃りで知られるフィリップスの女性向けシェーバー。 トリミングヘッドの刃幅が8mmと26mmの2種類あり、顔の産毛や眉毛だけでなく、ボディのちょっとしたムダ毛をささっと処理したい時にも使いやすいシェーバーです。ごく細かな1本1本の処理に便利な、ピンセットが付属でついてきます。

■テスコム フェイスシェーバー TL224

付属品:ブラシ付まゆコーム、掃除用ブラシ

アタッチメントが水洗いできる眉毛シェーバーです。産毛処理用と眉用の2種類の刃幅のヘッドがついています。 ポーチに収納してもかわいらしい、コンパクトでフェミニンなデザイン。1~6mmまで1mmずつ細かに段階を切り替えられるまゆコーム付。

3. 眉毛カッター/眉毛シェーバーの使い方 5つのポイント

眉毛カッター/眉毛シェーバーを初めて使うという方のために、眉毛を整える際の、ごく基本的な使い方の5つのポイントをご紹介します。 (刃先を肌に当てる角度などは、各メーカーの使用方法に従ってくださいね。)

いきなり始めてしまうと、左右のバランスをみているうちに、どんどん剃ってしまって、想定外の細眉に仕上がってしまうなんてことも起こりかねません。 慣れるまでは、慎重に、余裕をもって整えていくようにしてくださいね。

眉毛カッター/眉毛シェーバーの使い方 ポイント① 剃る前に、イメージを確認する!

やはり、剃り始める前に、なりたいイメージを確認しておくことが大事です。

明確なイメージがない方は、一般的に「眉毛のゴールデンバランス」と呼ばれている、美しい眉毛バランスを参考に、自分の眉毛の形を確認してみましょう!

☆眉毛のゴールデンバランスとは? 眉毛の理想の形を考える時は、3つのポイントを意識しましょう! 眉頭・眉山・眉尻の3つです。 「眉頭」というのは、眉のスタートポイントです。 小鼻のキワから目頭の延長線上の間あたりにあるのが理想です。「眉山」というのは、眉のカーブの1番高い部分です。 黒目が正面の位置にある時に、黒目の外側から目尻までの延長線上の位置にあると、よいバランスとされています。「眉尻」というのは、眉の終わりで、眉頭よりも高い位置にあります。 小鼻のキワと目尻をつないだ線の延長より内側にあるのがよいバランスとされています。

初めて眉毛を整えるという方は、自眉を活かすことを考え、バランスから大きくはみ出している部分だけを処理して、自然に仕上げるのがおすすめです。 眉を細くしすぎると、顔の印象がキツくなってしまうことがあるので、剃り過ぎには十分に気をつけましょう。 きつく角度をつけるとシャープな印象に、角に丸みがあるとやさしい印象になることも覚えておいてくださいね。

眉毛カッター/眉毛シェーバーの使い方 ポイント② 眉上の輪郭を整える!

なりたい眉毛のイメージよりも上に、たくさん不要な毛が生えている場合は、余計な部分をシェービングしましょう。

眉毛カッター/眉毛シェーバーの刃を、上側から下方向に(おでこ側から自眉の上端に向かって)、動かすようにして使うのがおすすめです。 いきなりイメージのラインまで剃ってしまうより、左右のバランスをみながら少しずつ処理していきましょう。

眉毛カッター/眉毛シェーバーの使い方 ポイント③ 眉下の輪郭を整える!

眉毛の下の部分は、まばらにムダな毛が生えていることがあるので、ムダな部分をシェービングしましょう。

眉毛カッター/眉毛シェーバーの刃を、外側から内側へと刃を動かすようにして使うのがおすすめです。 まぶたやまつ毛を傷つけないように、慎重に行いましょう。刃幅の短いヘッドを使うか、付属のカバーをつけるなどして、刃の部分を小さくして使ってくださいね。

眉毛カッター/眉毛シェーバーの使い方 ポイント④ 眉間のムダ毛を整える

眉毛が濃い方は、つながり眉毛にならないように、眉間の部分もシェービングしましょう。

眉間の処理は、眉毛カッター/眉毛シェーバーの刃を、下から上に向けて動かしながら剃っていきましょう。

眉毛カッター/眉毛シェーバーの使い方 ポイント⑤ 眉毛の長さを整える!

最後に、眉毛カッター/眉毛シェーバーにマユコームを取り付けて、眉毛全体の長さを整えましょう。

はじめは長めに整えて、濃さなどのバランスをみながら調節するのがおすすめです。 慣れていて、眉毛をアイブローペンシルなどで書き足すという方は、短めに整えるのもよいでしょう。

4. まとめ

今回は、眉毛を整えたいメンズに向けて、眉毛カッター/眉毛シェーバーの買い方・選び方のポイントや、肌らぶ編集部おすすめの眉毛カッター/眉毛シェーバーをご紹介しました。

眉毛カッター/眉毛シェーバーを使えば、簡単手軽に眉毛をすっきり整えることができます。

今はまだ眉毛カッター/眉毛シェーバーに不慣れな方も、ご紹介した整え方のポイントを押さえて、眉毛のお手入れスキルを上げていってくださいね! 好印象のモテ眉を目指しましょう!