アナと雪の女王

小林麻央・麻耶の美しい姉妹愛に苦しむ人たち

「愛してる」――最期に告げて逝った小林麻央さんと、夫・市川海老蔵さん、姉・小林麻央さん

6月22日の小林麻央さんの訃報には、日本中が涙した、と言っていいほど、最期の最期まで愛に生きた彼女の悲しい知らせには、多くの人が胸を痛めました。

「愛してる」――最期に告げて逝った妻。夫・市川海老蔵さん、そしてそんな姿をそばでともに看取られた姉・小林麻耶さんや、姉妹お二人のお母様のご心情を思うと、胸がつまります。

姉・麻耶さんのお仕事ご復帰のタイミングも、麻央さんは見届けて逝かれたようにすら感じます。

「恋のから騒ぎ」に麻耶さんが出演され人気を博し、その次の期に麻央さんが出演され、お二人ともおなじテレビの世界で活躍する道に進まれました。お互いにお互いの仕事に対し、尊敬の念があったことでしょう。生前の麻央さんは、麻耶さんをテレビで観るのを楽しみにされていたと聞きます。

そして、麻央さんご逝去の翌日には、気丈にも復帰番組の収録に臨んでいたという麻耶さん。「麻央ちゃんに心配をかけたくない」思いで、胸のなかに麻央さんへの愛を抱いて、ともに踏ん張られたのでしょう。

麻耶さんと海老蔵さんの今後のお姿に、私たちは麻央さんを見る

ほんとうに素晴らしい姉妹愛、夫婦愛。愛について、あらためて考えさせてくださった麻央さんの生きかた、そして最期でした。

麻央さんは、これからも麻耶さん、海老蔵さんのなかに生き続けるでしょう。私たちは、お二人を通して、麻央さんの愛を受け取り続けるのでしょう。

そんなお二人のお姿を、祈るような見守るような気持ちで拝見できることは、私たち視聴者や観客にとって、大変な恵みだと思います。

姉妹関係に葛藤を抱える女性たちの背景

さて、2013年公開のディズニー映画「アナと雪の女王」のブームなどでも、姉妹愛は注目されました。

しかし、実はそのように姉妹愛がクローズアップされる裏で、密かに苦しみを抱えている女性たちがいることをご存知でしょうか――姉妹関係に葛藤や悩み、問題を抱えている人たちです。私、麻生マリ子のもとにも、姉妹関係の悩み相談に訪れるかたがいらっしゃいます。

姉妹関係は、おなじ女性同士、同性ということもあって、複雑に絡まりがちです。

きょうだい・姉妹関係は、母親がきょうだい・姉妹をどのように取り扱うかによって決まるといっても過言ではありません。

比べられてきた、競わされてきた。要領よくかわいがられてきた、叱られて損ばかりしてきた……。

そんな扱いの差に加え、たとえばママ友のあいだでも、女の子に下の子が生まれると「お姉ちゃんが面倒みてくれるね」といった会話が交わされるほど、「姉=下の子の面倒を見るもの」というのが当然とされています。

幼児向けの絵本でも、小さい妹の面倒を姉が見ていて、妹に何事かが起きて、姉が胸が潰れそうな思いをする、といったシーンが当たり前に描かれています。

そうした社会的要請によっても、姉妹関係は形成されていきます。

ストレス源になる姉妹「ストレッサ―シスター」と姉妹関係の分類

麻生は、ご相談に訪れる女性たちの葛藤や悩み、問題の種になっている姉あるいは妹を「ストレッサ―シスター」と称しています。姉や妹がストレッサ―(ストレス源)になっている、ということです。

ストレッサ―シスターは、「シスター」が姉・妹、両方を示す言葉であるとおり、姉でも妹でもなりえます。姉がなるか妹がなるかは、姉妹関係のパターンや、問題の原因によります。

麻生は、姉妹問題を下記のように分類しています。

(1)“小さなママ”を務める子 × 子どもらしくいられる子

(2)要領のよい子 × 不器用で損をしてばかりの子

(3)暴君の子 × 隷属し振りまわされる子

(4)母と一体化する子 × 母と距離のある子

(5)認められる子 × 認められない子

(6)もらうばかりの子 × 与えてばかりの子

ストレッサ―シスターへの対策は?

では、ストレッサ―シスターには、どのように対処したらよいでしょうか?

もっとも大きな原因は母の扱いにありますが、姉妹が大人になってから、この根源から変えようとするのは、とてもエネルギーの要ることですし、効果が見られることはほぼ難しいと言っていいでしょう。

そこで、麻生が提案するのは「女性の生きかたレースから降りる」ことです。

大人になってからは特に、美醜やファッション、メイク、恋愛や結婚、妊娠、出産といった「女性の生きかた」の「勝ち負け」が、姉妹間の葛藤を生み出しています。

自ら、そのレースを降りる。放棄する。棄権してしまうのです。

特に、子どもの頃から培われてきた問題である場合、根は深いので、「変えよう」という努力をすることにエネルギーを使って消耗するよりも、「棄権」を推奨します。

また「姉妹は仲良あるべき」という幻想からも、自由になりましょう。

相手にしたくないストレッサ―シスターと、無理に付き合うことなどありません。

いかがでしょうか。

社会が姉妹愛を理想化したり、幻想化したりする裏で苦しむ女性たちの存在を知っていただけたらと筆を執りました。

「歌手にだけはなってはいけない」~神田沙也加・松田聖子母娘に見る「母の呪い」を「社会」が強化する事例

「歌手にだけはなってはいけないよ」幼い頃から、周りの大人たちから言い聞かせ続けられてきた神田沙也加さん

神田沙也加さんと村田充さんのご結婚をめぐる、松田聖子さんの公的なご対応により、にわかに松田聖子さん・神田沙也加さん母娘の関係が注目を浴びています。

沙也加さんは、子どもの頃、ご本人は記憶されていないそうですが、おばあさまのお話によると、幼い頃におもちゃのマイクを持ってステージごっこをよくやっていたそう。歌うことが好きな子どもの他愛もない遊び、と映るはずの光景でしょう――ただ、彼女は「歌手・松田聖子の娘」として生まれた女の子でした。

それを見て、周りの大人は私が歌手になりたいと思っていたようで、「あなたは歌手にだけはなってはいけない」と言われ続けてきたんです。母親があまりにも偉大だな存在だから、同じ道を選んでも比較されて辛い思いをするだろうって。ことあるごとにそれを聞かされて育ってきたので、私の中では「歌手=タブー」の図式ができ上がっていました。そんな背景があったので、15歳で歌手デビューが決まったときも、うれしいよりも「本当にいいの?」っていう思いのほうが強かった。不安しかなかった。というのがその頃の正直な気持ちです。

沙也加さんは、ご自身のスタイルブック「Dollygirl」(宝島社)にて、そのように回想されています。

もし沙也加さんが子どもの頃に歌手になりたかったとして、聖子さんがどのようにお考えになられたか、それは所詮たらればの話なのでわかりません。

また沙也加さんは、実のところ、アニメやゲームが好きだったからか、むしろ声優になりたかったといいます。22~23歳の頃には声優の学校にまで通われています。

「○○してはいけない」――幼い頃に刷り込まれた「禁止令」には、一生人生を支配されることも

このエピソードで、私が着目したいのは、実際のところ、当人(子ども。娘である神田沙也加さん)の意志がどう育つかなどを見守る前に、大人が先まわりして、偉大な歌手である母・聖子さんと、むしろ周りの大人がこの幼い時点で比較し、目を摘もうとしたことにあります。

「○○してはいけない」――幼い頃から刷り込まれていく命令(「禁止令」と心理学用語では呼びます)の影響は甚大で、それは15歳の沙也加さんが歌手デビューを、自分に許されるものとして受け止めるのが困難であったように、長く人の人生を支配します。

幼い頃に刷り込まれた「禁止令」から逃れるのは、相当困難なことで、一生その人の人生に付きまとうことも、決して少なくありません。

「心配」を傘に着て行われる社会による呪いの強化

私、麻生マリ子は、池内ひろ美(Girl Power代表理事、夫婦・家族問題コンサルタント)とともに「母の呪い」という問題提起を行っていますが、麻生は、これを(実在したかどうかすらわからない)「母の呪い」を「社会」が強化した事例、と考えます。

仮に「歌手になってはいけない」という「母の呪い」を、母・聖子さんが、娘・沙也加さんにかけていたとして、それを周りの大人が、社会が強化する必要性が、果たしてあったでしょうか。

こうした「社会による呪いの強化」は、多くは「その子を案じて」「心配」を傘に着たかたちで行われます。

たしかに松田聖子さんほどの歌手であり女性であるかたの「息子」ならばいざ知らず――息子ならば、異性ということで、当人たちも社会も「別物」として認識しやすいからです――「娘」として生まれた。たしかに生まれもって大きな十字架を背負っていたといえるかもしれません。周囲の心配も、十分に理解します。

ただ実際、沙也加さんは、ご自身で声優を夢見て学校に通われ、その後、「アナと雪の女王」のオーディションをご自身で受け、見事、皆さんご存知の「母にも(社会が強化した「呪い」にも)左右されない成功」を、自らの手で収めていらっしゃいます。

母娘、家族にしかわからないことがある

そして、2014年末の紅白歌合戦(NHK)で、アナ雪の主題歌「Let it go ありのままで」を伸びやかな歌声で披露した沙也加さん。それを見守り、涙した松田聖子さん。

その涙が、いくら「聖子ちゃん泣き」と揶揄されようとも、胸に去来していたものは、聖子さん、沙也加さん、お二人にしかわかりえません。

母娘のことは、母娘にしかわからないのです。家族には、その家族にしかわからないことがたくさんあります。それをたとえば近い親戚や知人などが、求められてもいないのに出過ぎたことを言うなど、土足で踏み込むような真似をするのは、無粋というものです。

紆余曲折があったとしても「見守る」「(本人の気付きや力を信じて)待つ」のが大人の役目ではないか、とときに感じます。

沙也加さんには、波間をもがき浮き沈みながらでも、こうして自らの手で成功や幸せを掴みとる力が十分に備わっていたのですから。

いま幸せの絶頂にいる神田沙也加さん。夫の村田充さんは、もしかすると、彼女の過去背負ってきたものを受け止め、浄化してくれた存在なのかもしれません。