エチケット

臭いや汚れは大丈夫?意外と大事な”おへそ”のエチケット講座

おへそのケア、皆さんどうしていますか? 特に何もしていない、という人はおへそにゴマ(垢)が溜まっているかもしれません。 デート前に慌てないために、おへそを綺麗に掃除する方法をマスターしておきましょう!

週に1度はオイルでケア

出典:pixabay.com 週に1度は、お風呂に入る前におへその汚れをオイルで取り除きましょう。 ゴマがスッキリ取れるうえに、ニオイの予防にもなりますよ。
  • 乾いた綿棒にオイル(ベビーオイルやオリーブオイルがおすすめ)をつけます。
  • 綿棒でおへその中を優しく拭きます。
  • 綿棒の先が汚れたら、そのつど新しい綿棒に取り替えてくり返します。
  • ゴマが十分に取れたら、お風呂に入って石けんでオイルを洗い流しましょう。

頑固な汚れにはラップパックを

出典:pixabay.com 汚れが頑固で取れにくい場合は、オイルやクリームをつけて、ラップで10分ほどフタをしておきましょう。 その後、綿棒やティッシュでふき取れば、頑固な汚れも一掃できます!

普段は石けんで洗えばOK

出典:pixabay.com 普段は身体と同じように、石けんで洗うだけでOK。 石けんの泡を指や柔らかいタオルにつけて、優しく洗いましょう。 お風呂上がりには綿棒で水分を取っておくと万全です♡

綺麗なおへそで露出やスキンシップを楽しもう

おへそは意外と男性に見られている場所。 いつでも自信を持っておへそを出せるように、日頃のケアを心がけてくださいね。

”おりもの”の量は○○と比例する?分かれば怖くない対策術

おりものの量って時期によって減ったり増えたりしますよね。 「急に増え始めて下着を汚してしまった…」という人もいるのでは? 実はその量って、私たちのホルモンバランスと深く関係していたんです。

おりものの量は「卵胞ホルモンの量」と比例する!

出典:pixabay.com 実はおりものの量は、女性ホルモンの1つである卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌量と比例しています。 つまり卵胞ホルモンが多くなる排卵期は、おりものが比較的多いのが正常なんです。

下着を汚さないための対策法

出典:weheartit 卵胞ホルモンは生理後から増え始めるので、おりものシートをその時期から用意しておきましょう。 排卵期を過ぎると卵胞ホルモンの分泌量が減っていくため、おりものの量も落ち着いていきますよ。 おりものの不快感をスッキリさせたいなら、ドラッグストアなどで売っている使い捨てのビデで洗浄しましょう。

色やにおいには要注意

出典:pixabay.com おりものの量が減ったり増えたりすることは、ごくごく自然なことなので心配ありません。 でも色やにおいが明らかにおかしい時は要注意! 感染症や子宮の病気などにかかっている恐れがあるので、早めに婦人科を受診してくださいね。

理由が分かれば、おりものが増えても怖くない!

いかがでしたか? 正しい知識を身につけて、安全かつ快適なおりもの対策を行っていきましょう!

汗臭いと思われる前に!他人と差をつける爽やか美人の香り2アイテム

梅雨の時期、満員電車やエレベーターの中など、人が多く集まる場所でふと自分の汗の匂いを感じた経験はありませんか?湿度が高いジメジメした季節は、どうしても体臭に敏感になってしまいます。ナチュラル&オーガニックアイテムなら、香りが主張しすぎることなくふんわり柔らかな香りをまとうことができます。