BEAUTY SNAP

赤リップが主役。パリジェンヌ風のニュアンスメイク。【メイクレシピ:エモン久瑠美】

ワードローブはモノトーンが中心だというエモン久瑠美。赤リップやラメシャドウで、シンプルスタイルに彩りをプラス。

日焼け止めオンリーで仕上げるナチュラルベースは、ポイントメイクが濃すぎるとバランスがちぐはぐに。そのためヴィヴィッドピンクは、透け感のあるラメシャドウの上からほんのり発色させて。

【EYES】「リップと共に毎日に欠かせないのがマスカラ。プレイリストのマスカラはアイラインとしても使える2WAYタイプで便利なんです!」(左)ローラメルシエ ロングラッシュ マスカラ (中央上)プレイリスト インスタントアイコンプリート ライナーマスカラ  ウオータープルーフ ブラウン(中央下)シュウウエムラ プレスドアイシャドー M 165 (右)ダズショップ スパークリングジェム 04

【EYEBROW】眉は素の形を生かしつつ、足りない部分をふんわりと書き足して。(左)[アイブロウ ペンシル]トムフォード ブロー スカルプター(右)トムフォード ファイバー ブロー ジェル

発色抜群の真っ赤な口紅には、繊細なラメがたっぷり含まれたグロスをオン。つややかでジューシィリップに。

【LIPS】発色や落ちにくさはだけでなく、持ち歩きたくなるヴィジュアルもお気に入りポイントなのだそう。(左)シャネル ルージュ ココ グロス 742(右)シュウウエムラ ルージュ アンリミテッド シュプリーム マット アンブッシュ ラブ

ストレートアイロンで天然パーマをやわらかなウェーブに整え、ヘアオイルをたっぷり揉み込むのが定番。「乾燥しやすい毛質なので、しっとり仕上がるシアバターとオイルをミックスして使用しています」。

【HAIR】エッセンスとシアバターを1:1の割合でブレンドし、毛先を中心に揉み込むだけでまとまりのある髪の毛に。SHIMA シーク エッセンス

【HAIR】オリエンステラ ナチュラルスタイリンググルー

多くのクリエイターがラブコールを送るイットモデル、エモン久瑠美。この日はマリンシックなボーダートップスと、赤リップを合わせたパリジェンヌスタイルで登場。デイリーメイクはとにかくシンプルに、肌は日焼け止めのみでファンデーションやコンシーラーはしないそう。ノーファンデーションとは思えぬほどの美肌、その秘訣は?「約2年半の間、ヴィーガンを続けています。キッカケはアトピーによる肌荒れ。数年前からマクロビ生活をしていた祖母に勧められスタート。食生活を見直してから、肌トラブルも減ってきました」。ベースを至極ナチュラルに仕上げるぶん、ヴィヴィッドカラーのリップをのせるのがルール。「なかでも赤リップが一番好き。毎日のようにつけています」。

KURUMI’S RECIPE ・赤リップが際立つピュアな素肌 ・目もとはラメシャドウを仕込んで華やかなきらめきを ・くせ毛を生かしたナチュラルウェーブ

HAIR&MAKEUP:MIRI SAWAKI EDITOR:LISA HIJIKATA

ポップな世界観にマッチ!  白肌を引き立てるカラーメイク。【メイクレシピ:瀬戸あゆみ】

透き通るような白肌をヘルシーに見せるためには、血色感が必須。「リップとチークは質感と色が大好きで、リピートし続けているお気に入りなんです」。

【BASE】ファンデーションを全体にのせたあと、彼女のトレードマークでもある目の下チークをオン。(左)ボビイブラウン インテンシブ スキン セラム ファンデーション SPF40(PA++++)(右)レ・メルヴェイユーズ ラデュレ プレスト チークカラー 13

 

【LIP】「なくなると困るので、常に4本はストックしています!」と話す彼女の最愛カラーはこちら。3年以上リピートし続けているのだそう。M•A•C リップスティック レディ デンジャー

リップとチークは定番カラーを使い続けているぶん、目もとには遊び心をプラス。「カラーラインを入れるときも、ブラックのラインで目力キープは必須です!」

【EYES】カラーラインが派手に見えすぎないように、アイラッシュは繊細に仕上げるのがコツ。「マジョリカ マジョルカのマスカラは、カールキープ力が抜群。高校生の頃からずっと使い続けています」。(左)マジョリカ マジョルカ ラッシュエキスパンダー エッジマイスター(左中)NYX クラムライナーアクアラックス(右中)メイベリン ニューヨーク ハイパーシャープ ライナー BK-1(右)デジャヴ ファイバーウイッグ ウルトラロングF

【EYES】上まぶた全体にアイパレットの中央のピンクシャドウをオン。アイグロスをプラスして、つややかなグロウアイに。(左)イヴ・サンローラン ボーテ クチュール バリエーション 3-PARIS(右)M•A•C スタジオ アイグロス

着こなしのポイントは、マルチボーダーのニットと土っぽいムードのハット。カラフルな街並みが美しい、メキシコのグアナファトに刺激を受けたそう。

【HAIR】コテで毛先を外巻きにしたあとは、ワックスを毛先中心に揉み込んでヘアセット。ザ・プロダクト ヘアワックス

【NAIL】カラフルなブロックチェックのネイル。「この秋はチェックがとにかく気になる!」

ポップな原宿スタイルで注目を集める自身のブランド「Aymmy in the batty girls」もディレクションするトレンドセッターの瀬戸あゆみ。メキシコで旅行にインスパイアされたカラフルなメイクが今の気分とか。この日のメイクのポイントは、目もと。マルチボーダーキャミソールからアイデアを得たというブルーラインで、爽やかなアクセントをプラス。「リップとチークは定番カラーをずっと使い続けているので、気分や服装に合わせて変えるのはアイメイクがメインです」。

AYUMI’S RECIPE ・白肌を引き立てるふんわりレッドチーク ・ポップなファッションにシンクさせたカラーアイメイク ・マスカラの使い分けでつくるドーリーラッシュ

PHOTO : TAKAKI IWATA, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA

女子顔負けの裏技が満載。りゅうちぇるのキラキラ王子様メイクのレシピを公開!【メイクレシピ:りゅうちぇる】

「今日は“元気なエイティーズBOY”がテーマです」。ビタミンカラーをいっぱいに盛り込んだ、お気に入りの夏コーデに合わせたメイクとは?

【BASE】ファンデとコンシーラーは濃い色と薄い色を常備。この日はカラフルなファッションに合わせて、肌も日焼け風に。ストロボクリームは、日焼け肌にも白肌にも合うゴールドをチョイス。「ファンデをたくさん塗っても自然なヌケ感とツヤをプラスしてくれます」。(左上)M•A•C ストロボクリーム ゴールドライト(右上)M•A•C  スタジオ フィックス フイッド SPF 15 NC40、NC15

【BASE】しっかりとファンデを塗った肌に立体感を演出してくれるのが、シェーディングアイテム。M•A•Cのパウダーとフェイスパレットの一番左の色をブレンドして濃さを調整。(左)M•A•C  ミネラライズ スキンフィニッシュ ソフト & ジェントル [フェイスパウダー](左上)M•A•C エクストラディメンション スキンフィニッシュ グローウィズ イット [フェイスパウダー]、(右上)M•A•C スタジオ パーフェクト コンパクト(右)BWPRM3Dフェイスパレット

「外人風のコントゥアメイクに加え、くるんとカールさせたまつげが何よりも重要!」と話すりゅうちぇる。長さ、ボリューム、カール力が“王子様”オーラの秘密。

【EYES】パーフェクトなまつげにはシャネルの下地をたっぷりオンする手間が大事。そのあとM•A•Cの2in1マスカラを。まずはピンクキャップの方で長さを出して、グリッターキャップでボリュームをプラス。「二つを重ねることで、いい感じの束感が出るんです!」アイシャドウは左のアイパレットのオレンジを二重幅に。「アディクションのラメアイシャドウは、ハイライトとして愛用中です。Tゾーン、あご、鼻筋にのせています」。(左上)M•A•C  スモールアイシャドウ ×4(左中)M•A•C  スモールアイシャドウ ×9 レッド ホット タイムズ ナイン(右中)M•A•C  オート & ノーティ ラッシュ ブラック(右)シャネル ボーテ デ シル [マスカラベース]

【EYEBROW】コントゥアメイクに負けないよう、眉もしっかりと。「まずは濃いブラウンで眉尻を描くのがマイルール。長さを決めてから、全体を埋めていきます」。(左)キスミー ヘビーローテーション カラーリング アイブロウ 01 イエローブラウン(右)M•A•C グレイト ブロウ コルク [アイブロウパレット]

ぷっくりとした透明感のあるリップも、ライナーでしっかり輪郭をとって、コントゥアリング。そしてこまめなリップケアもマスト。

【LIPS】「ドラッグストアで色々なブランドのリップを試してみて、感動したのがこのちふれのリップ。300円と激安なのに、本当に発色がいいんです。一気に5色購入しちゃいました!」口紅の色に合わせて、リップライナーもナチュラルなベージュピンクをチョイス。(左)M•A•C  リップペンシル ボールドリーベア(中)ちふれ  口紅 S118(右)ヴァセリン ペトロリューム ジェリー リップ

チャーミングなマッシュルームヘアは、原宿のBettieのTOMOMIさんが担当。ぺことりゅうちぇるの行きつけサロン。

自らプロセス動画を作成するほどメイクへの愛と探究心が深いりゅうちぇるは、アメリカンキッズのような世界観を表現するのに、メイクが欠かせないという。またテレビ出演時はいつだってヘアメイクもセルフ。より良いものを追求するために、二ヶ月に一度のペースでポーチの中身を一新しているのだそう。「メイクは立体感が命です。日本人はナチュラルな仕上がりが好きだと思うんですけど、僕はがっつりメイクをしてゴージャスに見せたい!」メイクはファッションに合わせて必ず変えるという徹底ぶりで「今日のポイントはトップスに合わせたオレンジシャドウ。M•A•Cは発色の良さと自分の肌色に合うので使用率がかなり高め!」。ぺこ同様、ポイントメイクで重要なのは目もと。「シャネルのマスカラ下地はまつげがすっごく伸びます! トリートメント効果もあるので、夜寝る前につけてもOKなんです。お世話になっているメイクさんに頂いてから、ずっとリピート中。お気に入りすぎて、ぺこりんにもオススメしちゃいました!」

RYUCHEL’S RECIPE ・ベースは混ぜて自分カラーにブレンド ・マスカラの重ね付けでエクステのようなロングラッシュに! ・リップライナーでしっかり輪郭を補正

PHOTO : TAIJUN HIRAMOTO, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA

女子顔負けの裏技が満載。りゅうちぇるのキラキラ王子様メイクのレシピを公開!【メイクレシピ:りゅうちぇる】

「今日は“元気なエイティーズBOY”がテーマです」。ビタミンカラーをいっぱいに盛り込んだ、お気に入りの夏コーデに合わせたメイクとは?

【BASE】ファンデとコンシーラーは濃い色と薄い色を常備。この日はカラフルなファッションに合わせて、肌も日焼け風に。ストロボクリームは、日焼け肌にも白肌にも合うゴールドをチョイス。「ファンデをたくさん塗っても自然なヌケ感とツヤをプラスしてくれます」。(左上)M•A•C ストロボクリーム ゴールドライト(右上)M•A•C  スタジオ フィックス フイッド SPF 15 NC40、NC15

【BASE】しっかりとファンデを塗った肌に立体感を演出してくれるのが、シェーディングアイテム。M•A•Cのパウダーとフェイスパレットの一番左の色をブレンドして濃さを調整。(左)M•A•C  ミネラライズ スキンフィニッシュ ソフト & ジェントル [フェイスパウダー](左上)M•A•C エクストラディメンション スキンフィニッシュ グローウィズ イット [フェイスパウダー]、(右上)M•A•C スタジオ パーフェクト コンパクト(右)BWPRM3Dフェイスパレット

「外人風のコントゥアメイクに加え、くるんとカールさせたまつげが何よりも重要!」と話すりゅうちぇる。長さ、ボリューム、カール力が“王子様”オーラの秘密。

【EYES】パーフェクトなまつげにはシャネルの下地をたっぷりオンする手間が大事。そのあとM•A•Cの2in1マスカラを。まずはピンクキャップの方で長さを出して、グリッターキャップでボリュームをプラス。「二つを重ねることで、いい感じの束感が出るんです!」アイシャドウは左のアイパレットのオレンジを二重幅に。「アディクションのラメアイシャドウは、ハイライトとして愛用中です。Tゾーン、あご、鼻筋にのせています」。(左上)M•A•C  スモールアイシャドウ ×4(左中)M•A•C  スモールアイシャドウ ×9 レッド ホット タイムズ ナイン(右中)M•A•C  オート & ノーティ ラッシュ ブラック(右)シャネル ボーテ デ シル [マスカラベース]

【EYEBROW】コントゥアメイクに負けないよう、眉もしっかりと。「まずは濃いブラウンで眉尻を描くのがマイルール。長さを決めてから、全体を埋めていきます」。(左)キスミー ヘビーローテーション カラーリング アイブロウ 01 イエローブラウン(右)M•A•C グレイト ブロウ コルク [アイブロウパレット]

ぷっくりとした透明感のあるリップも、ライナーでしっかり輪郭をとって、コントゥアリング。そしてこまめなリップケアもマスト。

【LIPS】「ドラッグストアで色々なブランドのリップを試してみて、感動したのがこのちふれのリップ。300円と激安なのに、本当に発色がいいんです。一気に5色購入しちゃいました!」口紅の色に合わせて、リップライナーもナチュラルなベージュピンクをチョイス。(左)M•A•C  リップペンシル ボールドリーベア(中)ちふれ  口紅 S118(右)ヴァセリン ペトロリューム ジェリー リップ

チャーミングなマッシュルームヘアは、原宿のBettieのTOMOMIさんが担当。ぺことりゅうちぇるの行きつけサロン。

自らプロセス動画を作成するほどメイクへの愛と探究心が深いりゅうちぇるは、アメリカンキッズのような世界観を表現するのに、メイクが欠かせないという。またテレビ出演時はいつだってヘアメイクもセルフ。より良いものを追求するために、二ヶ月に一度のペースでポーチの中身を一新しているのだそう。「メイクは立体感が命です。日本人はナチュラルな仕上がりが好きだと思うんですけど、僕はがっつりメイクをしてゴージャスに見せたい!」メイクはファッションに合わせて必ず変えるという徹底ぶりで「今日のポイントはトップスに合わせたオレンジシャドウ。M•A•Cは発色の良さと自分の肌色に合うので使用率がかなり高め!」。ぺこ同様、ポイントメイクで重要なのは目もと。「シャネルのマスカラ下地はまつげがすっごく伸びます! トリートメント効果もあるので、夜寝る前につけてもOKなんです。お世話になっているメイクさんに頂いてから、ずっとリピート中。お気に入りすぎて、ぺこりんにもオススメしちゃいました!」

RYUCHEL’S RECIPE ・ベースは混ぜて自分カラーにブレンド ・マスカラの重ね付けでエクステのようなロングラッシュに! ・リップライナーでしっかり輪郭を補正

PHOTO : TAIJUN HIRAMOTO, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA

4年間愛するアイテムも! ぺこ風バービーフェイスになれる私物コスメを公開。【メイクレシピ:オクヒラテツコ】

ヴィヴィッドなリップにもマッチしているネイルは、上京してから通い続けている渋谷のchatblancで。「今日はシンプルな単色ネイルですが、細かいアートも得意な頼れるサロンなんです」。

【BASE】肌にいくつものアイテムを重ねるのは嫌いだというぺこ。「ベタつかずさらりと仕上がるCCクリームは、もう3年以上リピートしています」。キュート&ヘルシーに見せるチークは頬の高いところに指でオン。(左)SUGAO AirFit CCクリーム スムース(右)M•A•C カジュアル カラー アウト フォー ファン

毎日使っているというアイシャドウは意外にもプチプラ。キャンメイクのブラウンを二重幅に、エチュードハウスの赤シャドウを下まぶたにオン。「目がきつく見えるのを避けるために、アイラインは絶対ブラウン! 目尻のみにちょこんとラインを描いています」。

【EYE】上まつげはシャネルの下地を塗り、ボリュームの出るデジャヴのマスカラを。下は長さが出るメイベリンを。アイシャドウはレッド系がお気に入り。「バサバサまつげは譲れません! メイベリンのマスカラは4年買い続けている最愛アイテム。名品です」。(左)キャンメイク アイニュアンス 32(左下)エチュードハウス ルックアット マイアイズ RD302 (左中)シャネル ボーテ デ シル [マスカラベース](中)メイベリン ボリューム エクスプレス フォルス ラッシュ(右中)デジャヴ ファイバーウィッグ ウルトラロング(右)エム・エス・エイチ ラブ・ライナー ブラウン(右下)チャスティ アイラッシュカーラー

【EYEBROW】「眉毛に使っているパウダーの濃いブラウンを使って、そばかすメイクをすることもあります」。(左)セザンヌ パウダーアイブロウR オリーブブラウン(右)リンメル プロフェッショナル アイブロウ マスカラ 002

青みピンクリップは、お気に入りの三本をブレンドしたオリジナルカラー。「今日はキャラTシャツにショートパンツのポップなカジュアルスタイルに合わせて、ヴィヴィッドに仕上げました」。

【LIP】M•A•Cのリップをベースに、シャネルを重ねてパープル感を強調。「今日は最後にメイベリンもプラス。基本はこの三つを使いますが、ロックでダークな服を着るときは赤リップをつけることも」。(左)M•A•C  リップテンシティ リップススティック ヘレボア(中)シャネル ルージュ ココ 446(右)メイベリン カラーセンセーショナル リップスティック ORCHID ECSTASY 730

「りゅうちぇると一緒にヘアサロンに行けるときは、お揃いのカラーで髪を染めています!」外国人風のブロンドヘアは原宿にあるBettieでオーダー。

バラエティ番組で夫のりゅうちぇると共に活躍するだけでなく、自身がプロデューサーを務めるブランド「PECO CLUB」をはじめ、SNSで発信しているバービーのようなアメリカンポップな世界観が人気の“ぺこ”ことオクヒラテツコ。ぱっちりアイのドーリィメイクがトレードマークの彼女のメイクポーチの中身をズラリお披露目。「メイクに関しては冒険が苦手。欠かせない定番アイテムが集まってきて、今年のはじめからずっとこのセットを使っています。お気に入りしかないので、どのアイテムがなくなっても困るんです! ぺこメイクで一番大事なパーツは目もと!」りゅうちぇるにオススメされてから使い始めたシャネルのマスカラ下地は、バサバサまつげを作るのに最適なのだそう。

PECO’S RECIPE ・マスカラの使い分けでつくるドーリィアイラッシュ ・ナチュラル肌の秘訣は3年以上使い続けるCCクリーム ・最愛リップ3本は、ファッションや気分に合わせて調整!

PHOTO : TAIJUN HIRAMOTO, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA

ラインレスでも目力キープ! 吉田沙世に学ぶ抜け感アイメイク。【メイクレシピ:吉田沙世】

チークとハイライトのツヤ感でフレッシュな印象をアピール。

ストレートアイロンで全体をルーズなウェーブヘアに。セットはヘアオイルを全体に揉み込んでフェニッシュ。

モードな服に対してメイクは透明感を意識。抜け感あるピンクをチーク&リップに。

「グリーンネイルに初挑戦。ぱきっとした色合いが夏らしくてお気に入りです」。

【EYE】ディオールのベージュシャドウと、シャネルのダークブラウンでつくる自然な陰影アイは、ラインレス&まつげがカギ。(左)シャネル レ  ベージュ パレット ルガール [アイシャドウ](右)ディオール ディオールショウ モノ 530 [アイシャドウ](右下)モテマスカラ ブラック

【BASE】沙世のヘルシーなツヤ肌には、ハイライトがマスト。「チークはピンクベージュ。ゴールドパールのきらめきが夏の陽射しにぴったりなんです」。(左)THREE シマリング グロー デュオ [ハイライト&ローライト](中)M•A•C ライトフル C SPF 50 クイック フィニッシュ コンパクト ミディアム  [ファンデーション](右下)エスティ ローダ ピュア カラー エンヴィ ブラッシュ ピーチ パッション [チーク]

【BASE】リップバームを塗ったあと、メタリックピンクのルージュをオン。「可愛らしさのなかに、モードっぽさもある絶妙のカラーです」。(左)ディオール ルージュ ディオール リキッド 265 (右)Nathalie Bond Organics リップバーム ペパーミント

【HAIR】「100円玉大くらいのヘアオイルを手のひらに伸ばし、髪全体になじませウェットヘア風に。カールも崩れず、乾燥対策にもなるので最近のお気に入りです」。レオノール グレユ ユイル レオノール グレユ [ヘアオイル]

【NAIL】ファッションブランド「TARO HORIUCHI」とのコラボコレクション。RMK  ネイルポリッシュ TH-05 グリーン

モデルとして雑誌や広告で活躍するだけでなく、最近ではDJとしてイベントで回すこともあり、幅広いジャンルで注目を集めている吉田沙世。この日はスポーティなメッシュトップスに、ライン入りチノパンで登場。「モノトーンのトップスは色のコントラストが強いので、リップ&チークは可愛らしいピンクを選びました。メイクのこだわりは、薄づきで透け感のあるヘルシースキンと、ラインレスでも目力がキープできる漆黒まつ毛です。ビューラーはせず、素まつげにマスカラだけをオン。根もとにグッとブラシを入れ、ジグザグ動かしたあとは毛先に向かってスッと梳かすことで濃密でナチュラルなまつ毛を演出できるんです」。

SAYO’S RECIPE ・マスカラは根もとにたっぷり、毛先は控えめに ・つややかで抜け感のある肌 ・メタリックリップでモードな可愛らしさを

PHOTO : SAEKA SHIMADA, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA

おしゃれショップスタッフが教える! 質感違いのブラウンシャドウで彫り深メイクにトライ。【メイクレシピ:フジエ リサコ】

まつげエクステは原宿にあるHOMEが行きつけ。「上まぶたは両目で250本つけています」。

「ヘアカラーで遊ぶことが多いので、メイクは色味を抑えてバランスをとっています」。

シンプルなコーディネートのときこそ、ヘアメイクでエッジを効かせるのがマイルール。

「髪はブリーチヘアがベース。ピンクやブルー、グリーンと様々な色を入れて楽しんでいます」。

【EYES】ラメの大きさや質感が違うブラウンシャドウを重ね、立体アイを演出。目頭にはシルバーのハイライトをオン。(左上)Dior アイシャドウ モノ 006(右上)RMK  イージニアス クリーム&パウダー アイズ 05(中)ボビイブラウン パーフェクトリーディファインド ジェルアイライナー 01(下)マスカラ ディオールショウ ニュールック 090、ディオールショウ マキシマイザー 3D 001(左中)ベアミネラル アイカラー ワイルドシンく、ダブル デア

【BASE】「ベアミネラルは肌の負担が軽く、テラコッタっぽい発色が気に入っています」。(左上)ベアミネラル レディ チークカラー ザ ナチュラルハイ/レディルミナイザー ザ シャイニング モーメント[チーク&ハイライト] (右上)ベアミネラル レディ カラーブースト ザ セレクト リザーヴ [シェーディング](右下)M•A•C エキストラ ディメンション スキンフィニッシュ ダブル グリーム[フェイスパウダー](左下)ベアミネラル レディ ファンデーション

【LIP】「グリーンヘアが派手になりすぎないよう、リップは肌馴染みのいいベージュをベースに、オレンジで血色感をプラスします」。(左)M•A•C リップスティック MORANGE(右)ZAOリップスティック Dark Nude

【NAIL】スモーキーグレーがモードな手もとに。THREE ネイルポリッシュ 22

grapevine by k3のショップスタッフであり、ストリートスナップの常連であるフジエ リサコ。店頭に並ぶ新作アイテムたちを見て早くも秋の気分が高まり、シーズンを先取りしたファッションとメイクを楽しんでいるのだそう。「秋冬はカーキやベージュ、ブラウンなどのアースカラーが気になっています。今日のメイクもアイシャドウをブラウンのグラデーションで立体感を出し、リップはオレンジベージュをチョイスしました」。目もととベースメイクは質感の違う同系色を複数使いし、ナチュラル感が要の立体フェイスがこだわり!

RISAKO’S RECIPE ・質感違いのブラウンで演出する立体アイ ・ハイライト&ローライトでつくるメリハリフェイス ・リップは2色を重ねて好きなカラーにDIY

PHOTO : SAEKA SHIMADA, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA

おしゃれショップスタッフが教える! 質感違いのブラウンシャドウで彫り深メイクにトライ。【メイクレシピ:フジエ リサコ】

まつげエクステは原宿にあるHOMEが行きつけ。「上まぶたは両目で250本つけています」。

「ヘアカラーで遊ぶことが多いので、メイクは色味を抑えてバランスをとっています」。

シンプルなコーディネートのときこそ、ヘアメイクでエッジを効かせるのがマイルール。

「髪はブリーチヘアがベース。ピンクやブルー、グリーンと様々な色を入れて楽しんでいます」。

【EYES】ラメの大きさや質感が違うブラウンシャドウを重ね、立体アイを演出。目頭にはシルバーのハイライトをオン。(左上)Dior アイシャドウ モノ 006(右上)RMK  イージニアス クリーム&パウダー アイズ 05(中)ボビイブラウン パーフェクトリーディファインド ジェルアイライナー 01(下)マスカラ ディオールショウ ニュールック 090、ディオールショウ マキシマイザー 3D 001(左中)ベアミネラル アイカラー ワイルドシンく、ダブル デア

【BASE】「ベアミネラルは肌の負担が軽く、テラコッタっぽい発色が気に入っています」。(左上)ベアミネラル レディ チークカラー ザ ナチュラルハイ/レディルミナイザー ザ シャイニング モーメント[チーク&ハイライト] (右上)ベアミネラル レディ カラーブースト ザ セレクト リザーヴ [シェーディング](右下)M•A•C エキストラ ディメンション スキンフィニッシュ ダブル グリーム[フェイスパウダー](左下)ベアミネラル レディ ファンデーション

【LIP】「グリーンヘアが派手になりすぎないよう、リップは肌馴染みのいいベージュをベースに、オレンジで血色感をプラスします」。(左)M•A•C リップスティック MORANGE(右)ZAOリップスティック Dark Nude

【NAIL】スモーキーグレーがモードな手もとに。THREE ネイルポリッシュ 22

grapevine by k3のショップスタッフであり、ストリートスナップの常連であるフジエ リサコ。店頭に並ぶ新作アイテムたちを見て早くも秋の気分が高まり、シーズンを先取りしたファッションとメイクを楽しんでいるのだそう。「秋冬はカーキやベージュ、ブラウンなどのアースカラーが気になっています。今日のメイクもアイシャドウをブラウンのグラデーションで立体感を出し、リップはオレンジベージュをチョイスしました」。目もととベースメイクは質感の違う同系色を複数使いし、ナチュラル感が要の立体フェイスがこだわり!

RISAKO’S RECIPE ・質感違いのブラウンで演出する立体アイ ・ハイライト&ローライトでつくるメリハリフェイス ・リップは2色を重ねて好きなカラーにDIY

PHOTO : SAEKA SHIMADA, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA

【BEAUTY SNAP】MICHEL:リップが主役の旬なジューシーフェイスのつくり方。

【NAIL】CHANEL ヴェルニ ロング トゥニュ 546

【LIP】「夏は発色のいいM•A•Cのリップを愛用しています」。M•A•C リップスティック MATTE CHILI

【EYE】「下地とマスカラが一本になっているので、持ち運びにもオススメ」。DAZZSHOP ジニアス フォーシーズ マスカラ BLACK

【FRAGRANCE】「約4年間使い続けている運命の香りです」。 JO MALONE LONDON ネクタリン ブロッサム & ハニー

【OTHERS】(左)CHANEL イドゥラ ビューティ リップ バーム (右)CHANEL ミロワール ドゥーブル ファセット[ミラー]

ビームス ウィメン 渋谷のショップスタッフでありながら、インフルエンサーとしても注目されている“ミシェル”こと、CHIHIROさん。お気に入りのマニッシュなスタイリングに合わせて、メイクもナチュラルに仕上げトムボーイな空気感を演出するのが彼女のこだわり。「肌と目もとをナチュラルに仕上げているぶん、リップはパキッとしたカラーを選ぶことが多いです。最近日焼けしてしまったので、今日はオレンジがかった赤をチョイスしました」。毎日のスタイリングに合わせてリップの色をチェンジしているのだそう。

MICHEL’S RECIPE ・自まつ毛を装う自然なロングラッシュ ・シンプルアイメイクには太眉で目力アップ! ・ジューシーカラーのリップでインパクトをプラス

PHOTO : SAEKA SHIMADA, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA

【BEAUTY SNAP】Una:ヘルシーな日焼け肌に映えるグラムなアイメイクに夢中!

【NAIL】なかやまちえこ @chiekonakayama

【EYES】「ラメ粒の大きなシャドウはギャルっぽく見えないよう、上まぶたの中心だけにのせています」。(左)M・A・C アイシャドウパレット[マスカラ] (中)M・A・C エクストラ ディメンション アイシャドウ レディ トゥ パーティ(右)URBAN DECAY SOLSTICE[アイシャドウ]

【LIPS】(左) M・A・C シーシアー (右)EMODA ライプリップス BRICK

【BROWS & LASHES】(左)M・A・C ズームブラック[マスカラ] (中)「眉マスカラとして応用してます」キャンメイク クイックラッシュカーラー (右)ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー

【BASE】(左)M・A・C ストロボクリーム ゴールド[下地]  (中)M・A・C パールマット フェイスパウダー オー マイ パッション[チーク](右)M・A・C ライトフル C クイック フィニッシュ コンパクト[ファンデーション]

アーティスト・モデルとして活躍中のUna。地元沖縄での里帰りで日焼けした肌を生かすヘルシーなメイクアップで登場。ボディスーツにデニムのカジュアルなスタイルだからこそ、メイクはラメ感のあるグラムなアイシャドウをチョイスし、女らしさをプラス。「普段はリップにポイントを置くことが多いのですが、今日は日焼け肌が艶っぽく見えるよう、ラメシャドウ&グロウな肌をポイントにしました」。

UNA’S RECIPE ・日焼け肌をよりヘルシーに見せるツヤ肌 ・大粒ラメシャドウは黒目の上のみにオン ・リップは2色使いで立体感を演出!

PHOTO : SAEKA SHIMADA, EDITORS : YUKIKO  MOROOKA, LISA HIJIKATA