WHAT TO WEAR

今シーズンのステディアウターはチェック柄で決まり。

そろそろ本格的にアウターが必要になる季節。今シーズンのステディアイテムはもう決まった? ファッションラバーにオススメなのが、シーズン感たっぷりのチェック柄。着こなしのポイントも参考にして。

冬が近づくと着たくなるのがチェック柄のアイテム。特に今季はチェックが大ブームなので、ぜひ大胆にアウターで取り入れてみて。ノーカラータイプなら、レディなムードで品よく決まる。

コート¥130,000/MANOUSH(マヌーシュ 代官山店)

胸元の赤いバラがアクセント。ハードルが高そうに思えるチェック柄コートも、こんな遊び心たっぷりのものならぜひTRYしてみたい。コーディネートの主役にして思う存分楽しんで。

ブラウス¥42,000/ISABEL MARANT ÉTOILE(イザベル マラン)

コンパクトなサイズ感とフリル使いが上品なロマンティックブラウス。ニットのインに合わせたり、レイヤードアイテムとしても活躍する。

デニム¥11,500/CHEAP MONDAY(K3 オフィス)

ライトブルーのデニムでコーディネートにカジュアルな抜け感を作って。こちらはボーイライクなサイズ感とテーパードの効いたシルエットが魅力。さらに裾のデザインで今っぽさUP。

バッグ¥60,000/KHOKHO(トゥモローランド)

コロンとしたフォルムがキュートなカゴバッグ。ポシェットタイプのシンプルなデザインは使い勝手も◎。重くなりがちな秋冬コーディネートに軽さをプラスして。

シューズ¥12,000/SNIDEL(スナイデル ルミネ新宿2店)

レトロガーリーな厚底サンダルでスタイルアップ。光沢感のある素材が上品な雰囲気で、バックストラップとチャンキーヒールで安定感も抜群。

ソックス¥463/CALZEDONIA(カルツェドニア ジャパン)

足元は白ソックスを合わせてグッドガールライクに。小物で取り入れる白が着こなしの鍵。ブラウスの白とリンクして、コーディネートに抜け感をプラスしてくれる。

ベレー帽¥38,000/CLYDE(エイチ ビューティ&ユース)

すっかりワードローブの仲間入りをしたベレー帽。次に狙いたいのはアーミーなムードを感じさせるスタイリッシュなフォルムのもの。カラーをベージュにすれば上品なまとめ役に。

ピアス¥1,842/ZARA(ザラ・ジャパン)

まずはアクセサリーの素材&カラーで冬仕度を。温かみのあるイエローのポンポンピアスは、顔周りを明るく見せてくれる。

コート¥130,000/MANOUSH(マヌーシュ 代官山店)ブラウス¥42,000/ISABEL MARANT ÉTOILE(イザベル マラン)デニム¥11,500/CHEAP MONDAY(K3 オフィス)バッグ¥60,000/KHOKHO(トゥモローランド)シューズ¥12,000/SNIDEL(スナイデル ルミネ新宿2店)ソックス¥463/CALZEDONIA(カルツェドニア ジャパン)ベレー帽¥38,000/CLYDE(エイチ ビューティ&ユース)ピアス¥1,842/ZARA(ザラ・ジャパン)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : Shutterstock/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

 

旬のパジャマスタイルはニットレイヤードで叶える!

トレンドセッターも夢中のパジャマ風セットアップ。秋冬はニットをオンして、レイヤードスタイルを楽しんでみては?

パジャマ風のゆるいムードのセットアップには、ハイネックのざっくりニットをレイヤード。着こなしのコツはニットの袖をロールアップして、パジャマトップスの袖をチラ見せすること。パンチの効いた小物でスパイスアップして。

コート¥98,000 ※参考価格/CHRISTIAN WIJNANTS(ショールーム リンクス)

ペールローズのレディなコートはやわらかい雰囲気がレイヤードスタイルをほどよく中和させて。明るいカラーのアウターで秋冬の着こなしもフレッシュに。

ニット¥34,000/GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

身頃や襟元にゆとりが生まれる絶妙なサイズ感が、レイヤードスタイルに抜け感をプラス。ツイードのような表情のある糸を使用しているので、さらっと上から着るだけで様になる。

シャツ¥23,000/SALT BLUE(ドリーム ソルト事業部)

レイヤードスタイルこそ、アイテムの素材感がものを言う! グリーンのシルクシャツはうっすら光沢があり、リラックスムードとクリーンな印象を両立。

パンツ¥27,000/SALT BLUE(ドリーム ソルト事業部)

シャツと同素材のワイドパンツは、動きに合わせて揺れるドレープが美しい。シルクだからこそパジャマ風のセットアップもカジュアルすぎずに着こなせる。

バッグ¥12,000/FURFUR(ファーファー ラフォーレ原宿店)

キュートなブルーのリボン型バッグは、ハッピーを運んできてくれそうなアイテム。ヴィヴィッドなカラーとエナメル素材が、リラックスムードなコーディネートの引き締め役に。

シューズ¥19,000/AMB(ハイブリッジ ショーケース 六本木店)

シューズにもリボンモチーフを! ブラックのスリッポンタイプなら甘すぎちゃう心配もなし。潔く裸足にはいて肌見せすれば、垢抜けた着こなしに。

サングラス¥63,580/MYKITA(マイキータ ジャパン)

パープル×イエローのポップでパワフルな組み合わせに一目惚れ。キュートなラウンドレンズも遊び心を感じさせる一本。アクセサリー感覚で楽しんで。

ピアス¥2,000/LILY BROWN(リリー ブラウン ルミネエスト新宿店)

ウェアがカジュアルな分、アクセサリーでエレガントなエッセンスをプラス。4連のパールピアスは顔周りを華やかにドレスアップしてくれる。お手頃なプライスも嬉しいポイント。

コート¥98,000 ※参考価格/CHRISTIAN WIJNANTS(ショールーム リンクス) ニット¥34,000/GALERIE VIE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店) シャツ¥23,000/SALT BLUE(ドリーム ソルト事業部) パンツ¥27,000/SALT BLUE(ドリーム ソルト事業部) バッグ¥12,000/FURFUR(ファーファー ラフォーレ原宿店) シューズ¥19,000/AMB(ハイブリッジ ショーケース 六本木店) サングラス¥63,580/MYKITA(マイキータ ジャパン) ピアス¥2,000/LILY BROWN(リリー ブラウン ルミネエスト新宿店)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : IMAXtree/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

永遠のベーシック、トレンチコートはストリートムードで着こなす。

ワードローブの最愛アイテムであるトレンチコート。今シーズンはプルオーバーと合わせてストリートライクに楽しみたい。着方や合わせる小物で、さらに今っぽくアップデートして。

ベーシックアイテムこそ、毎シーズンアップーデートした着こなしをしたいもの。トレンチコートにプルオーバーを合わせ、コートのベルトで大胆にウエストマークするとそれだけで今年顔に。靴やバッグでカラフルなアクセントをプラス。

トレンチコート¥67,000/DOMENICO+SAVIO(ドメニコアンドサビオ)

落ち感のある素材のトレンチコートは、着こなしのアレンジが幅広いのでオススメ。ウエストマークする際は、前のボタンは留めずにベルトを結ぶのがこなれて見えるポイント。

プルオーバー¥11,000/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)

シンプル&ベーシックなグレーのプルオーバーは、コンパクトなタイプが重ね着向け。こちらは着ると少しタイトなシルエットなので、もたつきもなくスタイリッシュに着こなせる。

パンツ¥50,000/GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND(ゴールデン グース デラックス ブランド 青山)

じわじわリバイバルブームしているのが、スターラップパンツ。足先にかけてシャープなシルエットになるので、パンプスとの相性抜群。旬のメタリック素材のものなら、さらにトレンド感UP。

バッグ¥21,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド)

キュートなイエローのファーバッグはショッパー型。程よいボリュームとパキトした発色で、コーディネートを明るくブラッシュアップしてくれる。

パンプス¥56,000/BY MALENE BIRGER(バイ マレーネ ビルガー GINZA SIX)

ベージュやグレーのカラーパレットに鮮やかなライトブルーをプラス。気分も盛り上げてくれるブライトカラーを取り入れれば、秋冬のシックなコーディネートがパッと華やぐ。

リング¥18,000/KAREN WALKER(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)

シューズとカラーを合わせた、ライトブルーのスターリングで指先にも明るさを。プレイフルなデザインが、プルオーバーのストリートムードにもマッチ。

サングラス¥74,000/ALLIED METAL WORKS(リエート)

サングラスはアクセサリー感覚で胸元にかけておくのもキュート。レインボーミラーのレンズがコーディネートのスパイスに。ダークトーンになりがちな秋冬スタイルはいかに小物で変化をつけるかがポイント。

トレンチコート¥67,000/DOMENICO+SAVIO(ドメニコアンドサビオ)プルオーバー¥11,000/BLACK BY MOUSSY(バロックジャパンリミテッド)パンツ¥50,000/GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND(ゴールデン グース デラックス ブランド 青山)バッグ¥21,000/TOMORROWLAND(トゥモローランド)パンプス¥56,000/BY MALENE BIRGER(バイ マレーネ ビルガー GINZA SIX)リング¥18,000/KAREN WALKER(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)サングラス¥74,000/ALLIED METAL WORKS(リエート)

PHOTO:SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP:Shutterstock/AFLO STYLING:YURI ARAI TEXT:YOKO ABE EDITOR:CHIKAKO KURAZUMI

トレンチコートはドレッシーなライトカラーで差をつける!

そろそろアウターが必要な季節。毎年同じようになりがちなコートの着こなしを、今年らしくアップデートするには? ファッショニスタのコーディネートからヒントを得て。

ベーシックアイテムこそ、毎シーズンアップーデートした着こなしをしたいもの。トレンチコートにプルオーバーを合わせ、コートのベルトで大胆にウエストマークするとそれだけで今年顔に。靴やバッグでカラフルなアクセントをプラス。

コート¥114,000/ELIZABETH AND JAMES(コロネット)

これからワードローブに加えるなら、変化球トレンチコートがオススメ。ピンクはウエストマークするとよりドレッシーな印象に。長めの丈ならさらに今年らしく着こなせる。

ドレス¥6,990 ※税込/ZARA(ザラ・ジャパン)

コートの下にはフラワープリントのミニドレスを。ふわっとしたエアリーな素材が、秋冬の重めなアウターとのバランサーに。

バッグ¥89,000/REPETTO(ルック ブティック事業部)

秋のニュアンスをプラスしてくれるファーバッグは、レザーとの異素材MIXのバッグなら、甘くなりすぎずデイリーに使えそう。たっぷり物が入るサイズ感もGOOD。

シューズ¥16,000/REEBOK CLASSIC(リーボック アディダスグループお客様窓口)

ここであえてスニーカーを合わせるのが今季流。ストリートのエッセンスを取り入れて、プレイフルに決めて。コートの色とリンクさせるとコーディネートになじみやすい。

ベレー帽¥18,000/SCHA(スティーブン アラン トーキョー)

今季も引き続き大流行中のベレー帽。本体をチュールで覆った、エレガントなこちらはドレッシーにもカジュアルにもマッチ。合わせ方で着こなしの幅を広げてくれるようなアイテム。

リング¥25,000/SILVER SPOON(シルバースプーン)

カンバセーションピースになりそうな、スプーンを曲げたデザインのリング。コートとドレスでドレッシーに見える分、細部に遊び心をちりばめて。

コート¥114,000/ELIZABETH AND JAMES(コロネット)ドレス¥6,990 ※税込/ZARA(ザラ・ジャパン)バッグ¥89,000/REPETTO(ルック ブティック事業部)シューズ¥16,000/REEBOK CLASSIC(リーボック アディダスグループお客様窓口)ベレー帽¥18,000/SCHA(スティーブン アラン トーキョー)リング¥25,000/SILVER SPOON(シルバースプーン)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : GETTY IMAGES STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

最旬セットアップはジャケット×ワイドパンツのマニッシュスタイル。

コレクションでも数多く見られたセットアップ。今注目したいのが、ジャケットとワイドパンツの男前な組み合わせ。インナーや小物にホワイトを効かせて抜け感を作るのが着こなしのコツ。

旬のマニッシュなセットアップは、着こなしで差をつける。ジャケットはウエストマークできるものをチョイスし、ショルダーをドロップ。襟を抜いて力の抜けた着こなしに。カチッとしたアイテムこそ、抜け感の演出が大切。

ジャケット¥36,000/DOMENICO+SAVIO(ドメニコアンドサビオ)

シックなブラウンのジャケットは、季節感たっぷりのコーデュロイ。長めの着丈と大きめなサイズ感は今っぽいシルエットをつくってくれる。もちろん単品使いもOK。

カットソー¥13,000/DEMYLEE(サザビーリーグ)

シンプルながら、ハイネックやギャザーの入った袖のデザインなどにさりげないこだわりが。ピマコットンを使用しているため、肌触りも滑らか。コンパクトなサイズ感で、重ね着にもGOOD。

パンツ¥29,000/DOMENICO+SAVIO(ドメニコアンドサビオ)

ストンとしたシルエットのワイドパンツは、ヒールアップしてシャープに着こなして。かなり太めの身幅は、逆に女っぽさを引き立ててくれるから不思議。

バッグ¥49,000/ KAREN WALKER(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)

クラシックなムードのショルダーバッグをオン。ブランドアイコンのアローが深い緑に映える。

シューズ¥46,000/PIPPICHIC(ベイジュ)

ミドル丈ブーツも今季注目。クリーンな印象のこちらは、ワイドなはき口がポイント。ワイドパンツにはもちろん、ミモレ丈やミニのスカートとも相性抜群。

リング¥14,000/JENNYBIRD(トゥモローランド)

ボリュームのあるコーディネートには、ステートメントなリングを。グレーのストーンとシルバーのサークルがアートピースのよう。

サングラス¥26,000/RAY-BAN(ミラリジャパン)

1枚のフラットレンズにメタルフレームという組み合わせがスマート。オーバーサイズアイテムのコーディネートの時は、ヘアもコンパクトにまとめて、顔周りをすっきり見せたい。

ジャケット¥36,000/DOMENICO+SAVIO(ドメニコアンドサビオ)カットソー¥13,000/DEMYLEE(サザビーリーグ)パンツ¥29,000/DOMENICO+SAVIO(ドメニコアンドサビオ)バッグ¥49,000/ KAREN WALKER(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)シューズ¥46,000/PIPPICHIC(ベイジュ)リング¥14,000/JENNYBIRD(トゥモローランド)サングラス¥26,000/RAY-BAN(ミラリジャパン)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : IMAXtree/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

トレンドのメタリックはジャケットで取り入れる!

今季外せないメタリックはジャケットで投入。フューチャリスティックなクールなイメージは、イメージが強いからこそ、白シャツにガーリーなスカートを合わせてデイリーに落とし込むと垢抜ける!

メタリックカラーは、ボンバージャケットのようなスポーティなもので取り入れるのがGOOD! 合わせたいのはクリーンな白シャツ×ガーリーなフリルスカート。エッジィなアイテムこそ、逆のテイストを掛け合わせるのが着こなしのコツ。

ジャケット¥70,000/T BY ALEXANDER WANG(アレキサンダー ワン)

メタリックカラーへのファーストトライに、シャイニーなピンクジャケットはいかが? 大きすぎないサイズ感と、甘すぎない大人カラーで扱いやすい逸品。

シャツ¥25,000/EQUIPMENT(サザビーリーグ)

デザインにひねりの効いた白シャツは、マンネリしがちな秋冬コーディネートのスパイスに。美しいシルエットと肌触りの上質さは、シャツブランドのなせるワザ。

スカート¥59,000/MANOUSH(マヌーシュ 代官山店)

ふんだんにあしらわれたフリルがキュート&ガーリー! マーメードラインのようなエレガントなシルエットとカジュアルなチェックのバランスが魅力的。

クラッチバッグ¥130,000/PROENZA SCHOULER(プレッド PR)

メタリックなビッグクラッチはガサッとクールに持って、グラムな気分をさらに盛り上げて。

シューズ¥17,000/FABIO RUSCONI(ハイブリッジ インターナショナル)

モカカラーのファー付きサンダルはなんとも秋らしい一足。ボトムがフリルスカートなので、あえてフラットなもので甘すぎない着こなしに。ソックスやタイツと合わせて足元のおしゃれを楽しんで。

ブレスレット¥15,000/THE DALLAS(シック)

インパクティヴなジャケットから見える腕まわりも気を抜かないで。グリーンのレザーはピンクとの相性もバッチリ。ホワイトのタッセルが印象的なブレスレット。

ジャケット¥70,000/T BY ALEXANDER WANG(アレキサンダー ワン)シャツ¥25,000/EQUIPMENT(サザビーリーグ)スカート¥59,000/MANOUSH(マヌーシュ 代官山店)クラッチバッグ¥130,000/PROENZA SCHOULER(プレッド PR)シューズ¥17,000/FABIO RUSCONI(ハイブリッジ インターナショナル)ブレスレット¥15,000/THE DALLAS(シック)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : IMAXtree/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

レイドバックなジャンプスーツはボトムスとして着る!

ファッションラバーの定番ジャンプスーツ。ときには裾をきゅっと結んでボトムスとしてアレンジすると、いつもと違うコーディネートが完成。今っぽく着こなすにはコーディネートにメリハリをつけてくれる旬の小物がマスト!

ジャンプスーツの袖を腰で結び、ゆるめのオーバーサイズニットを合わせたレイドバックなスタイルがベース。そこに、ファーサンダルなど旬の小物を合わせ、コーディネートを今っぽく仕上げて。

ニット¥5,546/ZARA(ザラ・ジャパン)

ポンポンがたっぷり縫い付けられたニットは、大きめなサイズ感を活かしてゆるいムードのスタイリングに合わせたい。シンプルなデザインのジャンプスーツには、このぐらいポップなデザインがマッチ。

ジャンプスーツ¥26,000/G-STAR RAW(ジースター インターナショナル)

ブルーデニムのカジュアルなジャンプスーツ。裾にかけて少しテーパードのかかったデザインなのでスタイルUP効果も期待できる。きっちり着るよりも、袖をざっくりウエストで結び、腰で履くようなイメージで着こなすのが正解。

バッグ¥39,000/STATE OF ESCAPE(サザビーリーグ)

軽量&水洗いできる素材で使い勝手もよく、ユニークでエッジィなデザインがコーディネートのスパイスに。ビーチだけでなく、オフィスシーンでも活躍してくれそう。

サンダル¥80,000/ROBERT CLERGERIE(エイチ ビューティ&ユース)

ブラックのファーサンダルは外しとして投入。カジュアルなアイテムだからこそ、素材やデザインにこだわったいいものを選びたい。寒くなってきたら、ソックスを合わせてもGOOD。

ベレー帽¥13,000/DEMYLEE(サザビーリーグ)

10周年を迎えたニットブランド・デミリーからキュートなベレー帽が到着。ネイビー×ホワイトのマリンなムードに、オレンジのポンポンがアクセントとなってコーディネートを個性的なものにしてくれる。

イヤリング¥34,000/G.V.G.V.(ケイスリー オフィス)

ラインストーンをあしらったフープ&フリンジがダイナミックな大ぶりピアス。スタイルのベースがカジュアルなぶん、コスチュームジュエリーのようなボリュームアクセサリーでラグジュアリーに。

ニット¥5,546/ZARA(ザラ・ジャパン)ジャンプスーツ¥26,000/G-STAR RAW(ジースター インターナショナル)バッグ¥39,000/STATE OF ESCAPE(サザビーリーグ)サンダル¥80,000/ROBERT CLERGERIE(エイチ ビューティ&ユース)ベレー帽¥13,000/DEMYLEE(サザビーリーグ)イヤリング¥34,000/G.V.G.V.(ケイスリー オフィス)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : IMAXtree/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

ブーム到来! サイハイブーツで秋のミニスタイルを攻略。

今年のブーツ選びはもうお済み? まだなら手に入れるべきは膝上のサイハイブーツ! これ一足でミニスカートやショーツなどミニ丈のコーディネートが今っぽい表情に変身する。

今年らしいブーツスタイルは、サイハイブーツのバランス感が鍵。おすすめなのが、ビッグシルエットのニットにデニムショーツを合わせたコーディネート。季節感がありながらヘルシーな肌見せが実現!

ニット¥18,500/FRAY I.D(フレイ アイディー ルミネ新宿2店)

ニットはオーバーサイズをチョイス。秋らしいカラーを使ったマルチカラーのジャガードニットはレトロなムードが気分。ビッグシルエットが女っぽさを引き立ててくれる。

デニムショーツ¥23,000/DEREK LAM 10 CROSBY(ブランドニュース)

サイハイブーツのパートナーには、ブリーチデニムのショーツを。ニットの裾からチラッと見える、絶妙な短め丈をチョイスして。

バッグ¥89,000/REPETTO(ルック ブティック事業部)

やわらかなフォルムが可愛らしいバッグは、ON&OFFで使える優秀アイテム。ブーツとバッグのカラートーンを合わせるテクニックで、コーディネートの統一感がUP。

ブーツ¥16,000/LILY BROWN(リリー ブラウン ルミネエスト新宿店)

itな気分のサイハイブーツは、スエード素材なら野暮ったくならずクリーンに履ける。明るいブラウンは重たく見えない&合わせるアイテムを選ばない万能カラー。

ハット¥66,000/ONAR(エイチ ビューティ&ユース)

トレンドのファーはまずは小物から取り入れる! ファーのロシアンハットで視線を上に集め、Iラインを強調することで好バランスに。

ネックレス¥52,000/ISA NECKLACE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

ファーやニットなどボリューミーなアイテムが多い時は、アクセサリーも負けないものを。ゴールドの大ぶりネックレスは、シンプルなデザインながら存在感抜群。ブーツ&バッグのブラウンともマッチ。

ニット¥18,500/FRAY I.D(フレイ アイディー ルミネ新宿2店)デニムショーツ¥23,000/DEREK LAM 10 CROSBY(ブランドニュース)バッグ¥89,000/REPETTO(ルック ブティック事業部)ブーツ¥16,000/LILY BROWN(リリー ブラウン ルミネエスト新宿店)ハット¥66,000/ONAR(エイチ ビューティ&ユース)ネックレス¥52,000/ISA NECKLACE(ギャルリー・ヴィー 丸の内店)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : Shutterstock/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

トレンドのチェックはダブルで取り入れて差をつける!

チェック柄もいつものコーディネートに飽きてきたら、ぜひトライしたいのが、上下を種類の違うチェック柄でまとめるスタイル。ジャケットとワイドパンツならくだけすぎずクールに決まる!

おしゃれ上級者に見えるダブルチェックの着こなしは、今季トレンドのセットアップ風でさらに垢抜けよう。インにベーシックな白シャツ、小物はチェックと色を合わせるのが統一感を出すポイント。

コート¥65,000/AKANE UTSUNOMIYA(ブランドニュース)

ベージュとグレーがベースのグレンチェックジャケットは、ボトムのカラーを選ばない優秀アイテム。ビギナーは丈が長めなものをチョイスすれば、ダブルチェックも失敗知らず。

シャツ¥21,000/DES PRÉS(デ・プレ 丸の内店)

シンプルな白シャツはオータムシーズンのマストハヴ。なかでもジャストサイズの正統派はマニッシュにもフェミニンにも着こなすことができる。クリーンな印象を味方につけて。

パンツ¥57,000/SEA NEW YORK(ブランドニュース)

季節感たっぷりのカラーリングに、厚めに折り返した裾がキュートなワイドパンツ。ダブルチェックはトップスを小さいチェックに、ボトムスを大きいチェックにするとなじみやすい。

バッグ¥200,000/PROENZA SCHOULER(プレッド PR)

サッチェルバッグは、ジャケット×パンツのダブルチェックスタイルとの相性抜群。カラーはコーディネートに馴染むベージュをチョイス。小さすぎず大きすぎずのサイズ感はワークシーンにもぴったり。

シューズ¥67,000/ROBERT CLERGERIE(トゥモローランド)

カーキのスエードを使ったサボタイプのローファー。ワイドパンツには華奢なヒールよりも、こんなボリューミーなものがマッチする。ソックスやタイツとの組み合わせも楽しみたい。

ピアス¥46,000/DOUBLE DISCO(トゥモローランド)

NYから届いたのはポップでドリーミンなピアス。シックなカラー使いのコーディネートの時こそ、アクセサリーは少し派手なぐらいのものが映える。

コート¥65,000/AKANE UTSUNOMIYA(ブランドニュース) シャツ¥21,000/DES PRÉS(デ・プレ 丸の内店) パンツ¥57,000/SEA NEW YORK(ブランドニュース) バッグ¥200,000/PROENZA SCHOULER(プレッド PR) シューズ¥67,000/ROBERT CLERGERIE(トゥモローランド) ピアス¥46,000/DOUBLE DISCO(トゥモローランド)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : IMAXtree/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

INなチェック柄パンツはインパクティヴな小物でスパイスアップ!

レトロなムードのチェック柄パンツは今シーズンマストハヴなアイテム。ガール流に着こなすなら、パンチの効いた小物使いがポイント! カラー使いを是非参考にして。

トップスのカラートーンをパンツと合わせて、パンツのチェック柄を引き立たせて。アクセントはインパクトたっぷりなカラーシューズの出番。ボーイライクなキャップをONすれば力の抜けたイットスタイルの完成!

プルオーバー¥23,800/HOLIDAY(ホリデイ)

キャメルカラーのプルオーバーは、野暮ったくならないVネック。テーパードはもちろん、スキニーにもワイドにもパンツとの相性が抜群の一枚。付属のベルトでウエストマークすればフェミニンにも着こなせる。

カットソー¥5,463/COS(コス青山店)

ハイネックのノースリーブカットソーは、袖周りがもたつかずすっきり着こなせるので秋冬のレイヤードスタイルにぴったり。クローゼットに一枚あるだけで頼りになるアイテム。カラーは顔周りを明るくしてくれるホワイトが万能。

チェック柄パンツ¥5,546/ZARA(ザラ・ジャパン)

これからチェック柄パンツを手に入れるなら、センタープレスの入ったこんな一枚がオススメ。少しテーパードされたきれいなシルエットなので、ほどよく女らしさも。グレンチェックは合わせるアイテムを選ばないのもうれしい。

バッグ¥11,000/ROSE BUD(ローズ バッド)

レオパードはレディなスタイルにはもちろん、マニッシュなスタイルに合わせてもその力を発揮してくれる。面積を小さめにバッグで取り入れれば、コーディネートの引き締め役に。

シューズ¥12,000/ANOTHER EDITION(アナザーエディション ルミネエスト新宿店)

個性的なスタイルを目指すなら、インパクティブな厚底ローファーをCHECK! ネオンのようなパープルとちょっぴりパンクスなムードが、ワントーンのコーディネートに刺激を与えてくれるはず。

キャップ¥6,800/STÜSSY WOMEN(ステューシーウィメン ハラジュク)

ガールのフェイバリットブランド、ステューシーウィメンのキャップでコーディネートにストリートのエッセンスを。マスタードイエローをチョイスしてスポーティなキャップもオータム仕様に。

イヤリング¥18,300/CÉCILE ET JEANNE(セシル・エ・ジャンヌ)

ダウンヘア×キャップの時は、主張のあるイヤリングで顔周りを盛り上げて。こちらはシルバーワイヤーの有機的なデザインが魅力のイヤリング。オータムカラーの中でキラリと映えるアイテム。

プルオーバー¥23,800/HOLIDAY(ホリデイ)カットソー¥5,463/COS(コス青山店)チェック柄パンツ¥5,546/ZARA(ザラ・ジャパン)バッグ¥11,000/ROSE BUD(ローズ バッド)シューズ¥12,000/ANOTHER EDITION(アナザーエディション ルミネエスト新宿店)キャップ¥6,800/STÜSSY WOMEN(ステューシーウィメン ハラジュク)イヤリング¥18,300/CÉCILE ET JEANNE(セシル・エ・ジャンヌ)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : Shutterstock/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

今シーズン最大のブーム! チェック柄はモードなドレススタイルで。

パリコレに集うファッショニスタがこぞって着ていたのがチェック柄のアイテム。1枚で決まるチェック柄ドレスなら初心者でも取り入れやすい!

チェック柄はそれだけで存在感があるもの。だからドレスのデザインはシンプル&カジュアルなものでバランスを取って。インにはボリューミィな袖のロマンティックブラウスを合わせて、コーディネートをクラスアップ。モードなおめかしコーデが完成!

ドレス¥136,000/GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND(ゴールデン グース デラックス ブランド 青山)

2種類のチェックを使った、ジャンパースカートタイプのロングドレス。深く開いたVネックのおかげで、重たい印象にならずに着こなせる。合わせるインナーのセレクトでガラッとイメージが変わるのも魅力。

ブラウス¥51,000/KAREN WALKER(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)

ドラマティックな袖や、ユニークな襟などのデザインはパイレーツからインスパイアされたもの。ロマンティックだけど甘すぎないブラウスはこれからのシーズン大活躍してくれるはず。

バッグ¥13,000/ANOTHER EDITION(アナザーエディション ルミネエスト新宿店)

秋冬の見逃せないトレンドがフラッフィーなファーバッグ! こちらのバッグは、ころんとしたフォルムと大人っぽいグリーンのバランスがGOOD。小さすぎないサイズ感も、コーディネートにインパクトを与えてくれる。

シューズ¥50,000/OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)

ボルドー×ベロアの組み合わせは、スタイルをさらに秋らしくしてくれる。ワードローブにはヒールよりフラットシューズで取り入れるのが断然オススメ! 寒くなってきたら、ソックスを入れて楽しみたい。

ピアス¥33,000/MIRIT WEINSTOCK(トゥモローランド)

パールとシルバーのアシンメトリーなデザインピアスはクリーンな印象を残してくれるはず。デイリーはもちろん、ドレッシーなスタイルにもマッチするのは、エレガントなパールのなせる技。

ドレス¥136,000/GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND(ゴールデン グース デラックス ブランド 青山)ブラウス¥51,000/KAREN WALKER(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)バッグ¥13,000/ANOTHER EDITION(アナザーエディション ルミネエスト新宿店)シューズ¥50,000/OPENING CEREMONY(オープニングセレモニー)ピアス¥33,000/MIRIT WEINSTOCK(トゥモローランド)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : Getty Images STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

ロマンティックなフリルドレスは秋カラーでアップデート。

大注目のフリルドレスは、甘すぎず今っぽく着こなすのがモードラバーのルール。シューズやアクセサリーで秋らしい渋めカラーを取り入れて、コーディネートをピリッと味付け!

ロングスリーブのフリルドレスは、ともすると野暮ったくなってしまうもの。洗練された着こなしは小物づかいがモノを言う! カラーブーツや、ステイトメントなゴールドのチョーカーで、季節感とエッジィさをプラスして。

フリルドレス¥32,000/GROWING PAINS(カンナビス)

ロマンティックなデザインのフリルドレスは、レザー素材なので甘すぎずモードに着こなせる。

バッグ¥9,800/ROSE BUD(ローズ バッド)

カーキのバッグは、ゴールドのチェーンがさらに秋らしさを盛り上げてくれる。クラシックなショルダータイプも、スクエア型ならモードな雰囲気。

ブーツ¥76,000/GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND(ゴールデン グース デラックス ブランド 青山)

ポインテッドトゥのベロアのブーツは季節感たっぷり。マスタードイエローはゴールドのアクセサリーとの相性もGOOD。

サングラス¥27,000/PRADA(ミラリ ジャパン)

シルバーのダブルブリッジにブラックのレンズという男前な一本。あえてガーリーなドレススタイルに合わせて。

チョーカー¥34,500/CÉCILE ET JEANNE(セシル・エ・ジャンヌ)

フランスの工房でハンドメイドされているチョーカー。ビッグサイズの鳩モチーフはホワイト一色の中で存在感抜群。チョーカー単体でも使用できる。

フリルドレス¥32,000/GROWING PAINS(カンナビス)バッグ¥9,800/ROSE BUD(ローズ バッド)ブーツ¥76,000/GOLDEN GOOSE DELUXE BRAND(ゴールデン グース デラックス ブランド 青山)サングラス¥27,000/PRADA(ミラリ ジャパン)チョーカー¥34,500/CÉCILE ET JEANNE(セシル・エ・ジャンヌ)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : Shutterstock/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

チェック柄ジャケット×ミニスカートで軽快なセットアップにTRY!

秋冬のランウェイでも注目を集めたセットアップスーツのスタイル。ガール流に取り入れるなら、カジュアルなエッセンスをプラスオン。ジャケットと同じトーンのミニスカートを合わせてセットアップ風に。

チェック柄ジャケットにペールブルーのシャツという正統派スタイルは、グラムなミニスカートでカジュアルダウン。レザーのスニーカーを合わせて潔く足を出して着るのが今季の気分。エッジの効いたメタリックな小物でフィニッシュ。

ジャケット¥82,000/JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)

ボクシーなデザインのダブルジャケットは男前アイテム。レディなボトムとのミックススタイルを楽しんで。

シャツ¥29,000/EQUIPMENT(サザビーリーグ)

シンプルなシャツこそシャツブランドでゲットしたい。一枚でも様になるのは、パーフェクトなシルエットがあってこそ。

スカート¥16,000/OPENING CEREMONY BLACK LABEL(オープニングセレモニー)

コーディネートのスパイスに意外と使えるのがシルバーのラメスカート。ミニ丈なら取り入れやすい。

バッグ¥60,000/MALIA JOBSE(デューン)

オーソドックスなジャケットにマッチするのは、ハーフムーンのようなクラシックなフォルムのバッグ。

シューズ¥56,000/ISABEL MARANT ÉTOILE(イザベル マラン)

次に狙うべきは大人の変化球スニーカー。赤のステッチがユニークなアクセントに。

サングラス¥52,000/BARTON PERREIRA(リエート)

ブルーのメタリックなレンズに、ダブルブリッジが80sのSFムービーのようなムード。

ピアス¥19,000/KAREN WALKER(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)

スターモチーフのシルバーのピアスで顔周りをスパイスアップ。

ジャケット¥82,000/JOHN LAWRENCE SULLIVAN(ジョン ローレンス サリバン)シャツ¥29,000/EQUIPMENT(サザビーリーグ)スカート¥16,000/OPENING CEREMONY BLACK LABEL(オープニングセレモニー)バッグ¥60,000/MALIA JOBSE(デューン)シューズ¥56,000/ISABEL MARANT ÉTOILE(イザベル マラン)サングラス¥52,000/BARTON PERREIRA(リエート)ピアス¥19,000/KAREN WALKER(カレン ウォーカー ギンザ シックス店)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : IMAXtree/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI

ホワイトのジャンパースカートで叶える、大人モードな肌見せスタイル。

夏に向けてヘルシーな肌見せをマスターするならジャンパースカートがオススメ! カラーをホワイトでまとめれば子供っぽくならずクリーンな印象に。

【WEEKEND STYLE】 ジャンパースカート+タンクトップ 大人の肌見せはヘルシー&クリーンが鉄則! 白のジャンパースカートは一枚でそれを叶えてくれる優秀アイテム。ひざにかかるぐらいの長め丈をスカーフやヒールなどレディな小物で上品に仕上げて。

コーディネートの主役になる1枚は、着た時のシルエットにこだわって。グッドガールなAラインがクリーンな印象を盛りあげてくれる。ジャンパースカート¥52,000/SEA NEW YORK(ブランドニュース)

プレーンなリブタンクでヘルシー度をUP。オールホワイトで媚びない肌見せスタイルに。タンクトップ¥3,500/JOURNAL STANDARD RELUME(ジャーナル スタンダード レリューム)

ボーホーテイストのボリューミーなクラッチバッグでコーディネートにアクセントを。スカーフのカラーパレットとリンクさせるのがポイント。バッグ¥7,900/SALUJA(ローズバッド)

オリーブカラーのサンダルで大人っぽく。オープントゥとアンクルストラップのバランスがほどよい抜け感。シューズ¥18,000/ODETTE E ODILE(オデット エ オディール 新宿店)

エッジの効いたスターモチーフのピアスでコーディネートをスパイスアップ。クリーンなだけで終わらないのがモードガール流。ピアス¥23,000/CHIGO(ミックステープ)

ピンクとブルーの配色がキュート! スカーフというレディなアイテムだからこそ、カラーで遊んで。スカーフ¥10,000(参考価格)/CITRUS(ブランドニュース)

ゴールドのフレームが顔周りをシャープに見せてくれる。オールホワイトのワントーンコーデは辛口小物をピリリと効かせて。サングラス¥67,000/BARTON PERREIRA(リエート)

ジャンパースカート¥52,000/SEA NEW YORK(ブランドニュース)タンクトップ¥3,500/JOURNAL STANDARD RELUME(ジャーナル スタンダード レリューム)バッグ¥7,900/SALUJA(ローズバッド)シューズ¥18,000/ODETTE E ODILE(オデット エ オディール 新宿店)スカーフ¥10,000(参考価格)/CITRUS(ブランドニュース)サングラス¥67,000/BARTON PERREIRA(リエート)ピアス¥23,000/CHIGO(ミックステープ)

PHOTO : SHINSUKE KOJIMA, DAIGO NAGAO SNAP : CAMERA PRESS/AFLO STYLING : YURI ARAI TEXT : YOKO ABE EDITOR : CHIKAKO KURAZUMI